2020年10月10日
<きじま りゅうたの新発見!さつまいものおかず>
きじま りゅうた 先生(料理研究家)
【YouTubeライブ配信】

 
 
 
 

2020年10月10日のKCC食文化と料理の講習会 YouTubeライブ配信は、料理研究家 きじま りゅうた 先生をお招きし、「きじま りゅうたの新発見!さつまいものおかず」をテーマに開催しました。

講習会のレポート

きじま りゅうた 先生は、祖母、母ともに料理研究家という家に育ち、幼い頃から自然と料理に親しまれました。現在は人気の料理研究家の一人として、時短料理や祖母や母から受け継いだ家庭料理、ガッツリ系男子料理など、幅広く料理をご紹介しています。
書籍、雑誌、WEB等、多方面でご活躍。また、テレビ番組では、楽しいトークとお人柄が人気です。

今回は“さつまいものおかず”をテーマに料理をご紹介。<じっくり素揚げ>は、冷たい油からじわじわ揚げて、いものうまみと甘さを引き出すのがポイント。揚げたてにかけるバター、しょうゆ、粗びき黒こしょうでさらにおいしさを引き立てます。<ポテサラ>は、柚子こしょうと粉山椒をきかせた、和風味の大人のポテトサラダ。<カレーみそ炒め>は、さつまいもとカレー粉の相性もよく、まさにごはんにぴったりの一品。きじま先生いわく、どの料理もお酒にも合います!先生ならではのトークも楽しい講習会でした。

講習会のレシピ

さつまいものじっくり素揚げ

材料:2人分

さつまいも

1本(250~300g)

適量

揚げ油

適量

少々

バター

10g

キッコーマン特選丸大豆しょうゆ
      まろやか発酵

適量

粗びきこしょう

適量

つくり方

①さつまいもは、3cm幅の半月切りにし、酢を混ぜた水で洗う。
②揚げ鍋に水気をきったさつまいもを入れ、さつまいもにかぶる位の揚げ油を入れ、弱めの中火にかける。鍋が
温まり始めたら、弱火にしてじっくりと揚げる。
③②が20分程してさつまいもに火が通ったら火を強め、表面がカリッとしたら取り出し、油をきり、熱いうちに
塩をふる。
④器に③を盛りつけ、バターとしょうゆと黒こしょうをふる。

さつまいものポテサラ

材料:2人分

さつまいも

1本(250~300g)

玉ねぎ

1/4個

ピーマン

1/2個

A;
  酢

大さじ2

  キッコーマン特選丸大豆しょうゆ
        まろやか発酵

小さじ2

  柚子こしょう

小さじ1/2~1

適量

マヨネーズ

大さじ3

粉山椒

少々

つくり方

①さつまいもは横半分にし、さらに縦半分に切り、ラップフィルムをして、耐熱皿に並べ、電子レンジで4分~6分加熱する(さつまいもの大きさによって、多少、加熱時間は変わる)。
②玉ねぎは、繊維と並行にごく薄切りにする。ピーマンは繊維と垂直向きにごく薄切りにする。ボウルにAを合わせ、玉ねぎ、ピーマンを絡める。
③①のさつまいもを皮つきのまま、縦半分に切ってから1cm幅に切り、②のボウルに入れ、混ぜる。
④③にマヨネーズを加えて混ぜ合わせ、器に盛り、粉山椒をふる。

さつまいもと豚肉のカレーみそ炒め

材料:2人分

さつまいも

1本(250~300g)

豚ばら薄切り肉

150g

にら

1/2束

大さじ1

少々

適量

A;
  水

大さじ2

  みそ

大さじ1

  マンジョウ本みりん

大さじ1

  キッコーマン特選丸大豆しょうゆ
        まろやか発酵

大さじ1/2

  カレー粉

小さじ1

つくり方

①さつまいもは横半分にし、さらに縦半分に切り、7~8mm幅の斜め半月切りにして、酢水にさらす。
②①の水気をきってフライパン(フッ素樹脂加工)に入れ、油を加えて混ぜる。
ふたをして中火にかけて、時々ゆすりながら、火が通るまで4~5分程、蒸し焼きにする。
③豚肉とにらは5cm長さに切る。Aの調味料は混ぜ合わせる。
④②のさつまいもの火が通ったら、ふたを取って水気を飛ばし、塩をふって取り出す。
⑤④の空いたフライパンで豚肉をさっと炒める。豚肉を奥に寄せて、空いたところに混ぜ合わせたAの調味料
を入れて泡立ったら、にらと④のさつまいもを入れて、混ぜながら豚肉とにらに火が通るまでさっと炒め、
器に盛る。

それ以外のレシピ情報および料理講習会はこちら