2019年8月3日
<つくりたい!日本のご当地料理>
森野熊八先生(料理人)

ソースかつ丼
冷や汁
じゃがいも餅
ピーマン昆布
森野熊八先生

2019年8月3日のKCC料理講習会は、料理人の森野熊八先生をお招きし「つくりたい!日本のご当地料理」をテーマに開催しました。

講習会のレポート

熊八先生は、歌いながら料理をつくるという、パフォーマンスで人気の料理人です。全国各地でクッキングショーを開催し、熊八流食育にも力を注いでいます。日本全国47都道府県を制覇、少ない県でも10回以上訪問し、数々のご現地の味を習い、体験しているそうです。

ご当地名物&グルメを愛する熊八先生に、現地のお店や農家の方々に習ったオススメ料理を、つくりやすくアレンジしてご紹介いただきました。地元で愛される味+楽しいトークで、ちょっとした小旅行気分の講習会となりました。

講習会のレシピ

ソースかつ丼(福井県)

材料:2人分

生パン粉

適量

豚もも肉(1枚 約40g)

6枚

適量

こしょう

適量

小麦粉

適量

溶き卵

適量

揚げ油

適量

ご飯

適量

パセリ

少々

A:
 キッコーマン デリシャスソース ウスター
 砂糖
 水

 
約大さじ3
約大さじ1
大さじ1~2

つくり方

①鍋に(A)入れて中火で加熱し、沸騰したら火を止める。
②生パン粉をミキサーにかけ(またはざるでふるう)細かくする。
③豚肉に塩、こしょうをふり、小麦粉、溶き卵、②の順にころもをつける。
④丼にご飯をよそう。
⑤③のかつを、170℃の油で揚げ、軽く油をきり、熱いうちに①にくぐらせて④のご飯にのせ、鍋に残ったソースを適量かけ、パセリを添える。

冷や汁(宮崎県)

材料:2人分

みそ

適量

きゅうり

1/3本

みょうが

1本

しょうが

少々

豆腐(絹)

1/4丁

だし汁(冷やしたもの)

約500ml

麦ご飯(冷ましたもの)

適量

鮭(フレーク)

約大さじ3

青じそ

2~3枚

いりごま(白)

大さじ1

つくり方

①アルミホイルを2~3重に折り、みそを1cmほどの厚さに広げ、オーブントースター (または魚焼きグリル)で、表面に焼き色がつくまで焼き、冷ます。
②きゅうりは薄い輪切り、みょうがは薄い輪切りにし、水にさらして水気をきり、しょうがはせん切りに、豆腐は2cm角に切る。
③冷やしただし汁に、①を溶き、味を調える。
④器に冷ました麦ご飯をよそい、鮭フレーク、②をのせ、③をかけ、青じそを手でちぎってちらし、いりごまをかける。

じゃがいも餅(北海道)

材料:2人分

じゃがいも(メークイン)

約350g

青じそ

5~6枚

粉チーズ

大さじ2

適量

こしょう

適量

片栗粉

大さじ3

バター

30g

キッコーマン いつでも新鮮しぼりたて 生しょうゆ

適量

つくり方

①じゃがいもは皮つきのまま水からゆで、粗熱を取って皮をむき、ボウルに入れて粗くつぶす。
②青じそは、みじん切りにする。
③①に②、粉チーズを入れ、塩、こしょうで味を調え、片栗粉を入れてよく混ぜ、生地を直径5~6cmの棒状にまとめ、2cmほどの輪切りにする。
④フライパンにバターを入れて中火で加熱し、③を入れて両面を焼き、器に盛りつけ、しょうゆを添える。

ピーマン昆布(静岡県)

材料:2人分

ピーマン

2~3個

佃煮昆布

約10g

ごま油

大さじ1

つくり方

①ピーマンは種を取って5mmほどの細切りにし、水にさらして、水気をきっておく。
②フライパンに、ごま油を入れて中火で加熱し、①を入れて炒め、全体に火が通ったら、佃煮昆布を入れてよく混ぜ、味を調えて器に盛りつける。

それ以外のレシピ情報および料理講習会はこちら