2018年4月5日
<カフェ風薬膳で こころとからだもきれいに>
村岡奈弥先生(料理研究家、国際中医師)

 
 

2018年4月5日のKCC料理講習会は、料理研究家、国際中医師の村岡奈弥先生をお招きし「カフェ風薬膳で こころとからだもきれいに」をテーマに開催しました。

講習会のレポート

村岡奈弥先生は、国立北京中医薬大学日本校で「中医薬膳師」「国際中医師」の資格を取得し、学会の理事や講師も務めています。またフランスへの料理留学、現地レストランでの修業経験をいかし、薬膳のイメージを変えるセンスあふれる料理をご紹介。つくりやすく体にやさしいレシピが人気です。

今回は村岡先生に、薬膳料理をおしゃれにアレンジしてご紹介いただきました。薬膳には季節と体に関連があるという考えがあります。食材にはそれぞれの効用があり、季節に合ったタイミングで取り入れることが大切。薬膳は特別なことではなく、毎日の料理に気軽に取り入れることができます。講習会では春の野菜を使った料理、その効用を習いました。

講習会のレシピ

たけのことえんどう豆のサラダ 木の芽風味

材料:4人分

ゆでたけのこ

80g(7~8mmの角切り、先は8等分に切る)

えんどう豆(さやから出して)

1/4カップ

フルーツトマト(7~8mm角に切る)

2個

キッコーマン生ぽんず

大さじ1

砂糖

小さじ2

木の芽

18枚

デルモンテ エキストラバージンオリーブオイル

小さじ1と1/2

つくり方

①えんどう豆は、沸騰した湯に塩(分量外)を加えてゆで、鍋に水を少しずつたらしながら,しぼまないように冷ます。
②ボウルに、ぽん酢に砂糖を混ぜ合わせ溶かし、オリーブオイル、トマト、木の芽8枚分のみじん切りを加え、混ぜ合わせる。
③②に、たけのことえんどう豆を加え、塩で味をととのえ、器に盛る。
④③を器に盛り、たけのこの先の部分と残りの木の芽を添える。

菊花入りカニとセリの細巻きずし

材料:4本分

菊花

大きめな8輪分の花びら

【A】
・酢
・砂糖
・塩

・大さじ3(酢)
・大さじ1と1/2(砂糖)
・小さじ1と1/3(塩)

1合

昆布だし

200ml

ゆでズワイガニ

60g

セリ

1束

のり

2枚

デルモンテ エキストラバージンオリーブオイル

少々

黒こしょう

少々

つくり方

①菊花は飾り用に花びらを少し残し、他は、酢(分量外)を入れた熱湯でサッとゆで、冷水に取り、水気をきってみじん切りにする。Aを混ぜ合わたものに漬ける。
②セリは、飾り用に茎の先を少し残し、色よくゆでる。
③米を昆布だしで炊き上げ、飯台に移し、①を全体にいきわたらせ、切るように混ぜ合せ、うちわで蒸気を飛ばす。水でしめらせ、かたく絞った布巾をかぶせておく。
④巻きすの上にのりをのせ、③のすし飯を向こう端1.5cmを残して広げ、セリ、カニを真中にのせて、芯にして巻き込む。
⑤④を少しおいたら、食べやすい大きさに切り、器に盛り、オリーブオイルをふりかけ、飾り用のセリの茎の先と菊花の花びらを飾る。好みで黒こしょうをふる。

鶏ささ身のキヌア揚げ サフラン風味

材料:4人分

鶏ささ身(筋を取る)

4本

キヌア

50g

サフラン

ひとつまみ

小麦粉

適量

溶き卵

適量

デルモンテ グレープシードオイル

適量

適量

白こしょう

適量

クレソン

適量

ピンクペッパー

適量

つくり方

①鍋に湯を沸かし、細かくしたサフランと塩を加え、キヌアをゆで、ざるに上げ冷ます。
②鶏ささ身に塩と白こしょうをふり、小麦粉、溶き卵、①のキヌアをつける。
③②を180℃の油で揚げる。
④③を器に盛り、クレソンを添え、ポワブルロゼを散らす。

桜風味の茶わん蒸し

材料:4人分

桜の塩漬け

30輪

砂糖

大さじ4

卵(L)

3個

キッコーマン 無調整豆乳

240ml

【飾り用】
・桜の塩漬け
・砂糖
・緑茶粉

・4輪(桜の塩漬け)
・小さじ1(砂糖)
・少々(緑茶粉)

つくり方

①桜の塩漬け30輪は、塩を洗い流し、花弁を摘んで、みじん切りにし、湯240mlを注いで香りを出し、砂糖を加えて混ぜる。
②ボウルに卵を溶き、豆乳と①を加えて漉し、器に注ぐ。
③蒸気の上がった蒸し器で、②を蒸し上げる。(初め強火で1分、火を弱めて約8分)
④飾り用桜の花の塩漬け4輪の塩を洗い、湯50mlで戻し、砂糖小さじ1を溶かす。
⑤③に④の花を戻し汁ごとのせ、緑茶粉をかける。

それ以外のレシピ情報および料理講習会はこちら