2018年10月2日
<魅せるハロウィーン料理>
新田亜素美先生(フードスタイリスト)

オープンパイ2種
かぼちゃと秋野菜 鮭の焼きタイカレー
しょうゆ香る牛の薄切り肉のボルシチ風
テーブルセッティング
新田亜素美

2018年10月2日のKCC料理講習会は、フードスタイリストの新田亜素美先生をお招きし「魅せるハロウィーン料理」をテーマに開催しました。

講習会のレポート

新田亜素美先生はフードスタイリストとして、テレビ、広告、書籍、雑誌などで広くご活躍です。フードスタイリングとは、料理をおいしそうに演出すること。新田先生は、おしゃれな中にもかわいさを取り入れたスタイリングで定評があります。レシピ制作の仕事もされ、料理本も出版しています。

今回は、新田先生にハロウィーンをテーマに、料理とスタイリングをご紹介いただきました。料理はおいしいことが一番ですが、器やカトラリーや小物の選び方、色合わせ、盛りつけなども大切です。それらによって料理が引き立ち、より一層おいしい食卓がつくれます。今回はハロウィーンなのでテーマカラーはオレンジ。かぼちゃと秋の食材を使った料理、先生お得意のかわいいスタイリングで、ハロウィーンの食卓を楽しみました。

講習会のレシピ

オープンパイ
生ハムとマッシュルームのバルサミコソース

材料:

冷凍パイシート

1枚

ピザ用チーズ

50g

生ハム

4枚

マッシュルーム

2個

お好みのナッツ類;くるみ、カシューナッツ、ピスタチオなど

適量

お好みのドライフルーツ;いちじく、レーズンなど

適量

バルサミコ酢

大さじ2

つくり方

①冷凍パイシートにフォークで穴を開け、ピザ用チーズをのせて、200℃に熱したオーブンで、15~20分焼く。
②生ハム、ナッツ、ドライフルーツ、ちぎったマッシュルームを①にのせ、軽く煮詰めたバルサミコ酢をかける。

オープンパイ
季節のフルーツのはちみつマスカルポーネ

材料:

冷凍パイシート

1枚

りんご(ほか、いちじくなど)

1/4個

ぶどう(好みのもの)

5個

1/2個

マスカルポーネ

大さじ3

はちみつ

大さじ2

つくり方

①冷凍パイシートにフォークで穴をあけ、210℃に熱したオーブンで、10分空焼する。
②りんごは皮つきのままいちょう切り、ぶどうは半分、柿は皮をむいて2cm角に切り、①に彩りよく盛りつけ、マスカルポーネとはちみつを合わせたものをかける。

かぼちゃと秋野菜 鮭の焼きタイカレー

材料:2~3人分

かぼちゃ

1/4個(470g)

生鮭

2切れ

ブロッコリー

1/3個(70g)

ソーセージ

4本

A:
グリーンカレーペースト
ココナッツミルク

40g
1/2缶(140g)

少々

パクチー

適量

つくり方

①かぼちゃは皮ごと2cm角に切る。生鮭は3cm長さに切り、軽く塩をふる。ソーセージは半分に切る。ブロッコリーは小房に分ける。
②ボウルに①とAを入れて、しっかり和え、耐熱皿か天板に盛る。
③②を180℃に予熱したオーブンで、25~30分焼く。
④仕上げに、刻んだパクチーをちらす。

しょうゆ香る牛の薄切り肉のボルシチ風

材料:2~3人分

牛肉(こま切れ)

150g

じゃがいも

小2個(170g)

玉ねぎ

1/2個(100g)

かぶ(葉つき)

1個(80g)

にんじん

1/2本(70g)

マッシュルーム

4個

デルモンテ 完熟ホールトマト

1缶(400g)

キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ

大さじ2

砂糖

小さじ1と1/2

ブイヨン

400ml

マンズワイン(赤)

100ml

薄力粉

大さじ1

少々

デルモンテ オリーブオイル

大さじ2

キッコーマン無調整豆乳

100ml

※ジャックオーランタンのご飯

デルモンテ 洋風まぜごはんの素 チキンライス、ごはん、のり

つくり方

①じゃがいもとにんじんは皮をむき、小さめの乱切り、玉ねぎは薄切り、マッシュルームは半分に切る。かぶは皮をむいて6等分に切り、かぶの葉は刻む。
②牛こま切れ肉に塩をし、薄力粉をまんべんなくふりかける。
③鍋にオリーブオイルの大さじ1を熱し、玉ねぎを入れて軽く炒め、じゃがいも、にんじん、マッシュルームを加えて炒める。
④③にホールトマト、ブイヨンを加えて強火にし、沸騰したら火を弱めて10分煮込む。
⑤フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、②を広げながら焼き、赤ワインを加えアルコールを飛ばし、④に加え、かぶ、しょうゆ大さじ1、砂糖を加えて、10分煮込む。、
⑥⑤に豆乳としょうゆを加えて軽く煮込み、かぶの葉を入れ、皿に盛りつけ、ラップフィ
  ルムで形づくったジャックオーランタンのご飯※をのせる。

それ以外のレシピ情報および料理講習会はこちら