2018年2月7日
<魅惑の持ち寄りレシピ>
重信初江先生(料理研究家)

 
 

2018年2月7日のKCC料理講習会は、料理研究家の重信初江先生をお招きし「魅惑の持ち寄りレシピ」をテーマに開催しました。

講習会のレポート

coming soon

講習会のレシピ

ムサカ

材料:4~5人分

なす(縦に2~3mmの厚さに切る)

6本

【A】
・サラダ油
・デルモンテ オリーブオイル

・1/2カップ(サラダ油)
・大さじ3(オリーブオイル)

小さじ1/4

玉ねぎ(みじん切り)

1個

にんにく(みじん切り)

1かけ

デルモンテ オリーブオイル

大さじ1

合いびき肉

500g

【B】
・塩
・クミン(粉末)
・こしょう

・小さじ2/3(塩)
・少々(クミン)
・少々(こしょう)

デルモンテ ホールトマト

1缶(400g)

【ソース】
プレーンヨーグルト(ペーパータオルかコーヒーフィルターなどで3時間水きりする)

1と1/2カップ

【C】
・塩
・にんにくのすりおろし

・小さじ1/4(塩)
・小さじ1/3(にんにく)

つくり方

①フライパンにAを入れて、なすを何回かに分けて揚げる。ペーパータオルで油をきり、全体に塩小さじ1/4をふる。
②フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、玉ねぎとにんにくを入れ、玉ねぎがしんなりするまで、弱火の中火で4~5分炒め、合びき肉を加えて、色づくまで3~5分炒める。
③②にBと、ホールトマトを汁ごと加え、トマトをつぶしながら、5~6分煮る。
④ホーロー容器に、①のなすの1/3位を、放射状にずらしながらはりつけ、③を半量入れ、平らにならす。再びなすを並べてのせ、残りの③を入れて、残ったなすでふたをする。
⑤220℃に熱したオーブンで、10分焼く。焼き上げると上に、たくさんの油が出るので、熱いうちにペーパータオルなどで吸わせる。
⑥食べる時に上下を返し、器に盛り、ヨーグルトとCを混ぜたソースをかける。

シューマイ

材料:20個分

豚バラ薄切り肉

150g

豚ひき肉

350g

ほたて貝柱水煮缶

小1缶

玉ねぎ

1個

しいたけ

3個

片栗粉

大さじ2

【A】
・おろししょうが
・キッコーマン オイスターソース
・ごま油
・キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ
・塩
・こしょう

・大さじ1/2(おろししょうが)
・大さじ1/2(オイスターソース)
・大さじ1/2(ごま油)
・小さじ1(特選丸大豆しょうゆ)
・小さじ1/3(塩)
・少々(こしょう)

シューマイの皮

20枚

キッコーマン いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ

少々

からし

少々

つくり方

①豚バラ薄切り肉は、包丁でたたくか、フードプロセッサーで、粗びきにする。
②玉ねぎとしいたけは、粗みじんに切って、片栗粉をまぶす。
③ボウルに①と豚ひき肉とほたてを缶汁ごと入れ、Aを加えてよく混ぜる。水分が多く感じるが、混ぜ続けるとなじむ。
④シューマイの皮に③を等分にして包み、蒸気の上がった蒸し器で、強火で6分ほど蒸す。
⑤しょうゆやからしを添える。

野菜の揚げびたし

材料:つくりやすい分量

かぼちゃ

1/8個(250g)

れんこん(小)

50g

パプリカ 赤・黄

各1/2個

カリフラワー

100g

ミニトマト

6~8個

揚げ油

適量

【A】
・だし
・酢
・キッコーマン いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ
・砂糖
・しょうが汁
・塩

・200ml(だし)
・大さじ2(酢)
・大さじ2(しぼりたて生しょうゆ)
・大さじ1(砂糖)
・小さじ1(しょうが汁)
・小さじ1/4(塩)

つくり方

①Aはボウルに入れて合わせる。
②かぼちゃは、種とわたを取り、7mm厚さのくし形に切る。れんこんは7mm厚さの輪切りにする。カリフラワーは小房に分ける。パプリカはへたと種を取って、8等分に切る。
③揚げ油を180℃に熱し、かぼちゃ、れんこん、カリフラワーを上下返しながら、適宜2~3分ほど揚げ、油をきる。続けて、パプリカを入れて、1分ほど揚げる。
④フライパンに、油を小さじ1ほど残し、プチトマトを入れて、皮が割れるまで中火で炒める。
⑤①に、揚げた野菜と④を入れて混ぜる。1時間以上おいて、味をなじませるとよい。

フルーツポンチ

材料:4~5人分

パイナップル

200g(可食部)

ピンクグレープフルーツ

1個

キウイフルーツ

1/2個

ぶどう

8粒

いちご

小さめ8粒

【A】
・グラニュー糖
・水

・100g(グラニュー糖)
・2と1/2カップ(水)

レモン汁

大さじ1

つくり方

①果物は、適宜、皮をむいたり、食べやすい大きさに切る。
②Aを鍋に入れ、煮立たせ冷ます。レモン汁を加えて、①の果物とともに、びんに入れて冷蔵庫で冷やす。1時間以上置いた方が、味がなじんでおいしい。

それ以外のレシピ情報および料理講習会はこちら