2019年2月13日
<和のサンドイッチ>
重信初江先生(料理研究家)

厚焼き卵のサンドイッチ
きんぴらごぼうのポケットサンド
しば漬けツナサンド
オニオンスープ
重信初江先生

2019年2月13日のKCC料理講習会は、料理研究家の重信初江先生をお招きし「和のサンドイッチ」をテーマに開催しました。

講習会のレポート

重信初江先生は、調理師専門学校卒業後、アシスタントを経て、料理研究家として独立。基本の家庭料理から、世界各国の料理、つくりおき料理、お酒のおつまみなど、紹介される料理はバラエティーに富み、どれも先生のセンスとアイディアが光るレシピで人気です。著書も多数。雑誌、テレビなど、多方面でご活躍です。

今回は、重信先生に、食パンを使った、和風テイストのサンドイッチをご紹介いただきました。ごはんのおかずのイメージを持つ、厚焼き卵、きんぴらごぼう、漬物を使ったサンドイッチ。意外な組み合わせですが、パンとの新しいおいしさが発見できました。自由な発想で、サンドイッチのおいしさも、さらに広がりますね。

講習会のレシピ

厚焼き卵のサンドイッチ

材料:1組分

食パン(8枚切り)

2枚

3個

A;
 マヨネーズ

大さじ1

 練り辛子

小さじ1/2

B;
 だし

大さじ2

 砂糖

大さじ1

 キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ

小さじ1/2

 塩

小さじ1/3

サラダ油

小さじ1

つくり方

①Aを混ぜ、食パンそれぞれの片面に塗る。
②卵をボウルに割り入れ、Bを加えて溶き混ぜる。直径18~20cmのフライパンに、サラダ油を入れて中火で熱し、卵液を流して入れる。
③②をへらで大きく混ぜ、半熟よりやや固まったらくらいで弱火にし、四方を折りたたむようにして、パンの大きさより少し小さい四角形にする。
④上下を返し、さらに1分間ほど焼き、①のパンにのせて挟む。みみを落とし、4等分の三角形に切る。

きんぴらごぼうのポケットサンド

材料:1枚分

食パン(4枚切り)

1枚

新ごぼう

20g

れんこん

20g

パプリカ(赤)

1/8個

豚肉(こま切れ)

50g

A;
 キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ

大さじ1/2

 砂糖

小さじ2/3

七味唐辛子

適宜

サラダ油

小さじ1/2

つくり方

①ごぼうは皮つきのまま、ピーラーで長めに削り、れんこんは1~2mm厚さの半月形に切る。それぞれ、使うまで水にさらす。パプリカは薄切りにし、豚肉は長ければ、食べやすく切る。
②フライパンに、サラダ油を入れて中火で熱し、豚肉を入れて30秒~1分間ほど炒める。まだ少し赤い部分が残るくらいで、ごぼう、れんこんの水気をきって加える。
③②を1~2分間炒めて、れんこんがすき透ってきたら、パプリカとAを加え、汁気がほとんどなくなるまで、1~2分間炒める。
④パンは、縦半分に切り、切り口の厚みを半分にするように切り目を入れ、袋状にする。③を等分に詰め、好みで七味唐辛子をふる。

しば漬けツナサンド

材料:2組分

食パン(8枚切り)

4枚

しば漬け

30g

ツナ缶(油漬け、塊、大・140g)

1缶

A;
玉ねぎ(みじん切り)
こしょう

大さじ2
少々

つくり方

①しば漬けは粗みじんに切り、ツナは油をきって粗くほぐす。ボウルに入れ、Aを加えて和える。
②食パンは2枚に①を等分に広げ、残りのパンで、それぞれはさむ。好みでみみを落とし、4等分の四角形に切る。

オニオンスープ

材料:2人分

玉ねぎ

2個

サラダ油

大さじ1/2

キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ

小さじ1

A;
 水

400ml

 洋風スープの素

小さじ1

 塩

少々

 こしょう

少々

ピザ用チーズ

30g

つくり方

①玉ねぎは縦半分に切り、さらに繊維を断つように、1cm幅に切る。
②フライパンにサラダ油を入れて熱し、①を弱めの中火で、少し色づくまで3~4分間炒め、さらにしょうゆを加えて炒める。
③②にAを入れて、弱火にして、2~3分煮る。
④器に熱いうちに③を盛りつけ、ピザ用チーズをちらす。

それ以外のレシピ情報および料理講習会はこちら