2022年4月9日
<イタリアンパスタ 温故知新>
鈴木弥平先生(「ピアット スズキ)
【YouTubeライブ配信】

 
 
 
 
 

2022年4月9日のKCC食文化と料理の講習会 YouTubeライブ配信は、料理研究家 鈴木弥平先生をお招きし、「イタリアンパスタ 温故知新」をテーマに開催しました。

講習会のレポート

鈴木先生は、日本とイタリアで修業後、2002年に東京・麻布十番に「ピアット スズキ」をオープン。イタリア料理のエッセンスと、素材の持ち味をいかした魅力あふれる料理を提供し、大人が集まる洗練されたイタリア料理店として人気を得ています。テレビ出演、調理師学校の講師も務め、長年、日本のイタリア料理界の第一線でご活躍です。今回は日本のパスタの変遷やトレンドをひもとき、合わせてパスタの調理の基本やコツをご紹介いただきました。

<トマトの冷製カッペリーニ> イタリアには本来冷たくして食べるパスタはありませんが、日本ではさまざまな冷製パスタを楽しめますね。冷製に使うのは“髪の毛”を意味する細いパスタ、カッペリーニです。ソースはトマトをはじめ材料をミキサーにかけるだけ。パンはソースにとろみをつけるつなぎとして使います。トマトの酸味がさわやかな冷たいパスタです。
<生ウニのスパゲッティーニ> イタリアではウニを食べる地域は限られていて、ウニのパスタも日本で愛されてきたパスタといえます。生クリームを使ったものが多い中、これはたっぷりのウニとバターとチーズのみを使ったソースで、ウニの濃厚な味わいが楽しめます。ゆでたてのパスタとソースを合わせ、その余熱でバターとチーズを溶かしクリーミーに仕上げます。
<レモンパスタ> 南イタリアでは特産のレモンを使ったパスタがあります。南イタリアへも日本人がよく旅行するようになった頃、日本でもこのパスタが見られようになったとか。レモンとバターだけのシンプルなパスタで、レモンの香りが南イタリアを感じさせる一品です。

講習会のレシピ

トマトの冷製カッペリーニ

材料:4人分

カッペリーニ

240g

A;
 プチトマト

200g

 パン(白い部分)

20g

 玉ねぎ

5g

 セロリ

5g

 にんにく

2g

 デルモンテ エキストラバージン オリーブオイル

30g

 キッコーマン いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆ

少々

パプリカ・赤

20g

パプリカ・黄

20g

モッツァレラチーズ

40g

ズッキーニ

20g

適量

こしょう

適量

バジル

適量

つくり方

①Aの材料をミキサーにかけてこす。
②パプリカとズッキーニは5mm角に切り、ゆでて冷まし、モッツァレラチーズは5mm角に切り①と合わせ、塩とこしょうで味をととのえる。
③カッペリーニは塩(1%濃度)を加えた湯でゆでて、氷水で冷やし水気をよく取る。
④③のカッペリーニを②のソースで混ぜ合わせ、器に盛りつけ、仕上げにバジルを添える。

生ウニのスパゲッティーニ

材料:1人分

スパゲッティーニ(1.4mm)

60g

生ウニ

40g

バター(無塩)

8g

パルメザンチーズ

10g

キッコーマン いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆ

少々

適量

芽ねぎ

少々

つくり方

①スパゲッティーニはたっぷりの湯に塩(1%濃度)を加えてゆでる。
②フライパンにバターと生ウニを入れてゴムべらで混ぜ合わせ、ペースト状にする。
③②にパルメザンチーズとゆで上がった①のパスタを入れてよく混ぜ合わせ、しょうゆと塩で味をととのえ、器に盛りつけ芽ねぎを添える。

レモンパスタ

材料:1人分

スパゲッティーニ(1.4mm)

60g

バター

20g

レモンの皮(削る)

1/2個分

レモン(3等分に輪切り)

1/2個分

パルメザンチーズ

10g

粗びき黒こしょう

適量

適量

つくり方

①スパゲッティーニはたっぷりの湯に塩(1%濃度)を加えてゆでる。
②フライパンにバターとレモンの皮と輪切りを入れて火にかけ、バターを溶かしレモンの香りをバターにうつす。
③②にパルメザンチーズとゆで上がった①のパスタを入れてよく混ぜ合わせる。塩で味をととのえ、器に盛りつけ粗びき黒こしょうをふる。

それ以外のレシピ情報および料理講習会はこちら