2020年1月19日
<ウーウェン先生の幸せの餃子>
ウー・ウェン先生(料理研究家)

れんこんと豚肉の水餃子とせりと鶏肉の水餃子
きのこの黒酢スープ 餅餃子入
餃子メニュー
ウー・ウェン先生

2020年1月19日のKCC料理講習会は、料理研究家のウー・ウェン先生をお招きし「 ウーウェン先生の幸せの餃子」をテーマに開催しました。

講習会のレポート

ウーウェン先生は、中国・北京で生まれ育ち、お母様から受け継いだ味が評判となり、日本で料理研究家として、広くご活躍です。中国と日本の食の知恵をいかした料理が人気で、東京と北京でクッキングサロンを主宰しています。

中国の餃子のお話とともに、皮からつくる餃子を習いました。中国では餃子は、ごく日常の料理であり、お正月などに食べる縁起物の料理でもあります。中国の家庭で餃子と言えば、水餃子のこと。皮をごはん、中の餡をおかずと考えれば、これだけでバランスの取れた一品料理。餡は、肉や豆腐などのたんぱく質×旬の野菜の組み合わせで、いく通りもの季節の餃子が楽しめます。改めて、手づくりの餃子のおいしさと、その魅力を発見した講習会でした。

講習会のレシピ

れんこんと豚肉の水餃子

材料:40個分

生地;
 強力粉

200g

 水

110ml

餡;
 豚ひき肉

300g

 れんこん(皮をむいて粗みじん切り)

150g

 A;
  こしょう

少々

  マンジョウ 国産米 こだわり仕込み 料理の清酒

大さじ1

  しょうが(みじん切り)

大さじ1

  キッコーマン オイスターソース

大さじ1

  キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ

大さじ1

  ごま油

大さじ1

つくり方

①生地をつくる。ボウルに強力粉を入れ、水を3回に分けて加え、さい箸で混ぜる。ある程度水分がいき渡ったら、手でこねて丸くまとめ、ぬれ布巾をかけて30分ねかせる。
②餡をつくる。豚ひき肉をボウルに入れ、Aの材料を上から順に加えて、そのつど、混ぜ合わせる。最後にれんこんを混ぜ合わせる。
③①で皮をつくり、②の餡を包む。
④③をゆでる。   

せりと鶏肉の水餃子

材料:40個分

生地;
 強力粉 

200g

 水

110ml

餡;
 鶏ひき肉(もも)

300g

 せり(3mm幅に切る)

100g

 A;
  マンジョウ 国産米 こだわり仕込み 料理の清酒

大さじ1

  こしょう

少々

  キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ

大さじ1

  粗塩

ひとつまみ

  ごま油

大さじ1

つくり方

①生地をつくる。ボウルに強力粉を入れ、水を3回に分けて加え、菜箸で混ぜる。ある程度水分がいき渡ったら、手でこねて丸くまとめ、ぬれ布巾をかけて30分ねかせる。
②餡をつくる。鶏ひき肉をボウルに入れ、Aの材料を上から順に加えて、そのつど、混ぜ合わせる。最後にせりを入れてよく混ぜ合わせる。
③①で皮をつくり、②の餡を包む。
④③をゆでる。

きのこの黒酢スープ 餅餃子入り

材料:40個分

生地;
 強力粉

200g

 水

110ml

 

7個

スープ;
 しめじ(石づきを取り、ほぐす)

200g

 えのきだけ(石づきを取り、ほぐす)

200g

 キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ

大さじ1と1/2

 黒酢

100ml

 黒こしょう(粗びき)

小さじ1/2

 水

2L

 ごま油

小さじ1

つくり方

①生地をつくる。ボウルに強力粉を入れ、水を3回に分けて加え、さい箸で混ぜる。ある程度水分が行き渡ったら、手でこねて丸くまとめ、ぬれ布巾をかけて30分ねかせる。
②餅は1個を6等分にし、①でつくった皮で、餅を包む。
③鍋に水、しめじ、えのきだけを入れて火にかけ、煮立ったら、弱火にしてふたをして、5分煮る。
④③にしょうゆと黒酢で調味し、②を加えて、7~8分、餅がやわらかくなるまで、しっかりと煮て、仕上げにこしょうとごま油を加える。

それ以外のレシピ情報および料理講習会はこちら