2019年7月23日
<夏をのりきる おかずの素>
ワタナベ マキ先生(料理研究家)

フレッシュトマトのソース
チキンとバジルにフレッシュトマトソースマリネ
にらソース
にらのあえ麺
切り干し大根の酢しょうゆ漬け
切り干し大根の酢しょうゆ漬けときゅうりのごまあえ
ワタナベ マキ先生

2019年7月23日のKCC料理講習会は、料理研究家のワタナベ マキ先生をお招きし「夏をのりきるおかずの素」をテーマに開催しました。

講習会のレポート

ワタナベ先生は、旬の食材を使った料理や、保存食や常備菜などを活用して、忙しい時も無理なくつくれるレシピが人気です。料理だけでなく、センスのよい暮らしぶりにもファンが多く、多方面でご活躍です。

今回は、夏向きのつくりおきのおかずの素と、それらをアレンジした料理をご紹介いただきました。<フレッシュトマトのソース>は、火を使わない、夏にぴったりな簡単ソース。<にらソース>は、にらたっぷりのパンチの効いた味が食欲をそそるソース。<切り干し大根の酢しょうゆ漬け>は、乾物のうま味を生かした、和え物にも炒め物にも重宝するつくりおきです。どれも暑い夏の料理に、一役買うおかずの素です。

講習会のレシピ

フレッシュトマトのソース

材料:つくりやすい分量

トマト(大)

3個

玉ねぎ

1/2個

小さじ1と1/3

デルモンテ エキストラバージン オリーブオイル

大さじ1と1/2

つくり方

①玉ねぎはみじん切りにし、塩小さじ1/3を加えてしんなりするまでもみ、流水で洗い、水気をキッチンペーパーでよくふく。トマトはへたを取り、2cm角に切る。
②①と残りの塩小さじ1をなじませ、オリーブオイルを加えてよく混ぜる。

<アレンジ> グリルチキンとバジルにフレッシュトマトソースマリネ

材料:2人分

フレッシュトマトのソース

大さじ6

鶏もも肉(350~400g)

1枚

薄力粉

小さじ2

にんにく

1片

デルモンテ エキストラバージン オリーブオイル

小さじ2

少々

こしょう

少々

バジル(葉)

10枚

つくり方

①鶏肉は常温にもどし、皮目に薄力粉をはたく。
②フライパンにオリーブオイルとつぶしたにんにくを入れ、中火にかけ、香りが立ったら①の皮目を下にして、焼き目がついたら弱火にし、皮がパリッとし、きつね色になるまで時々へらで押さえながら7~8分焼く。
③②を裏返し、塩、こしょうをして、肉に火が通るまで5分焼き、器に盛りつける。
④③のフライパンに、フレッシュトマトのソースを入れてひと煮立ちさせ、手でちぎったバジルの葉を加えてさっと混ぜ、③にかける。

にらソース

材料:つくりやすい分量

にら

1わ

A;
 にんにく(みじん切り)

1片分

 しょうが(みじん切り)

1片分

 黒酢

50ml

 キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ

50ml

 マンジョウ 本みりん

50ml

 ごま油

大さじ2

つくり方

①にらは、5mm幅に切り、耐熱容器に入れる。
②Aを小鍋に入れ、中火にかけひと煮立ちさせて、熱いうちに①にかける。

<アレンジ> にらの和え麺

材料:2人分

にらソース

大さじ6

豚ひき肉

150g

中華麺

2玉

マンジョウ 料理の清酒

大さじ1

少々

ごま油

小さじ2

粗挽き赤唐辛子

小さじ1

つくり方

①フライパンを中火で熱し、ごま油を入れてひき肉を加え炒める。酒と塩を加えて汁気がなくなり、火が通るまで炒める。
②中華麺を袋の表示通りにゆでて湯をきり、器に盛りつけ、①をのせたらソースをたっぷりとかけ、好みで粗挽き赤唐辛子をふる。

切り干し大根の酢しょうゆ漬け

材料:つくりやすい分量

切り干し大根

40g

しょうが(せん切り)

1片

A;
 酢

50ml

 キッコーマン いつでも新鮮しぼりたて生しょうゆ

大さじ1と1/2

 マンジョウ 本みりん

大さじ2

 塩

小さじ1/4

 水

100ml

つくり方

①切り干し大根は流水でもみ洗いし、かぶるくらいの水に6分つけてもどし、水気をきつく絞り、しょうがも入れる。
②Aを小鍋に入れ、中火にかけひと煮立ちさせ、熱いうちに①に注ぎ、1時間以上おく。

<アレンジ> 切り干し大根の酢しょうゆ漬けときゅうりのごま和え

材料:2人分

切り干し大根の酢しょうゆ漬け 

40g

切り干し大根の酢しょうゆ漬けの汁

大さじ2

きゅうり

2本

少々

ごま油

小さじ2

いりごま(白)

小さじ2

つくり方

①切り干し大根のしょうゆ漬けは、汁気をきり、食べやすい長さに切る。
②きゅうりは4等分に切り、めん棒などで粗くたたく。
③①、②を合わせ、漬け汁、塩でさっと和え、ごま油、いりごまを加えて混ぜる。

それ以外のレシピ情報および料理講習会はこちら