2021年9月28日
<ウー・ウェン先生のおうち餃子>
ウー・ウェン 先生(料理研究家)
【YouTubeライブ配信】

 
 
 

2021年9月28日のKCC食文化と料理の講習会 YouTubeライブ配信は、料理研究家 ウー・ウェン先生をお招きし、「ウー・ウェン先生のおうち餃子」をテーマに開催しました。

講習会のレポート

ウー先生は中国・北京生まれ。1990年に来日し、母親から受け継いだ小麦粉料理が評判となり料理研究家の道へ。中国の家庭の味、シンプルでからだにやさしい料理が人気です。雑誌、新聞、テレビなどで幅広く活躍。クッキングサロンを主宰し、料理を通じて日中の架け橋となる活動をしています。
今回は皮から手づくりする餃子をならいました。中国では皮がごはんで、中のあんがおかずのイメージ。だからあんの具材、組み合わせは自由自在。季節の餃子が楽しめます。
<水餃子の皮> 「餃子のおいしさは皮にあり」で皮が大切。材料は薄力粉、強力粉、水は同量です。ボウルに粉を入れ、少しずつ水を加えて菜箸でよく混ぜわせます。その後、手でこねて棒状にして切り分け、麺棒でのばし丸く成形します。さすが手慣れた手つきで、あっという間に皮が出来上がりました。粉も飛び散らず、小さなスペースでOK。ぜひ、手づくりの皮のおいしさを知って欲しいとのことでした。
秋の<きのこの餃子>をご紹介。あんをつくる共通のポイントは、入れる調味料の順番を守り、ひとつの調味料を入れたらよく混ぜ合わせることです。餡はたっぷりと入れ、皮からはみ出ないようにしっかりと包みます。中国では餃子はゆでるのが基本。たっぷりのお湯に餃子を入れて、浮き上がってぷっくりとふくらんだらゆで上がり。熱々をそのまま、または黒酢などをつけて食べましょう。他にも季節の野菜を使った餃子のレシピをご紹介しています。

講習会のレシピ

水餃子の皮

材料:20枚分

薄力粉

50g

強力粉

50g

50ml

打ち粉(強力粉または薄力粉)

適宜

つくり方

①ボウルに粉を入れ、水を2~3回に分けて加え、その都度菜箸で混ぜ合わせる。
②まとまってきたらボウルの中で手でこね、丸くまとめる。ぬれ布巾をかけて30分おく。
③軽く打ち粉をふった台の上に②の生地をおき、なめらかになるまでこね、直径2cm位の棒状にのばす。20個分に切り分け、軽く打ち粉をふりながら麺棒を使ってのばし、直径8~9cmの皮をつくる。

きのこの餃子<秋>

材料:20個分

水餃子の皮 ※

20枚

豚ひき肉

200g

生しいたけ(みじん切り)

4個

こしょう

少々

マンジョウ 料理の清酒

大さじ1

キッコーマン いつでも新鮮特選しょうゆ まろやか発酵

大さじ1

キッコーマン オイスターソース

小さじ1

ごま油

小さじ1

つくり方

①ボウルに豚ひき肉を入れ、こしょう、酒、しょうゆ、オイスターソース、ごま油の順に入れて、その都度混ぜ合わせ、最後にしいたけを入れて混ぜ合わせる。
②あんを20等分にし、皮の中央に①のあんをのせて包む。
③たっぷりの湯を沸かし②の餃子を入れて、おたまなどで時々沈めながら、4~5分ゆでる。つやが出て全体がぷっくりしてきたら、湯をきって器に盛る。

小松菜と豚肉の餃子<冬>

材料:20個分

水餃子の皮 ※

20枚

豚ひき肉

200g

小松菜

100g

こしょう

少々

マンジョウ 料理の清酒

大さじ1

キッコーマン いつでも新鮮特選しょうゆ まろやか発酵

大さじ1/2

粗塩

小さじ1/3

しょうがのみじん切り

大さじ2

ごま油

大さじ1/2

つくり方

①小松菜はさっとゆで、みじん切りにし、水分をしぼる。
②ボウルに豚ひき肉を入れ、こしょう、酒、しょうゆ、塩、しょうが、ごま油の順に入れてその都度混ぜ合わせ、最後に①の小松菜を入れて混ぜ合わせる。
③あんを20等分にし、皮の中央に②のあんをのせて包む。
④たっぷりの湯を沸かし③の餃子を入れて、おたまなどで時々沈めながら、4~5分ゆでる。つやが出て全体がぷっくりしてきたら、湯をきって器に盛る。

クレソンと牛肉の餃子<春>

材料:20個分

水餃子の皮 ※

20枚

牛ひき肉

200g

クレソン(5㎝長さに切る)

1束

粗びきこしょう

小さじ1/3

マンジョウ 料理の清酒

大さじ1

粗塩

小さじ1/2

ごま油

小さじ1

つくり方

①ボウルに牛ひき肉を入れ、粗びきこしょう、酒、粗塩、ごま油の順に入れて、その都度混ぜ合わせ、最後にクレソンを入れて混ぜ合わせる。
②あんを20等分にし、皮の中央に①のあんをのせて包む。
③たっぷりの湯を沸かし②の餃子を入れて、おたまなどで時々沈めながら、4~5分ゆでる。つやが出て全体がぷっくりしてきたら、湯をきって器に盛る。

香味野菜と鶏肉の餃子<夏>

材料:20個分

水餃子の皮 ※

20枚

鶏ひき肉(もも肉)

200g

A;
 香菜(みじん切り)

3本

 みょうが(みじん切り)

2個

こしょう

少々

マンジョウ 料理の清酒

大さじ1

ザーサイ(みじん切り)

30g

ごま油

小さじ1

つくり方

①ボウルに鶏ひき肉を入れ、こしょう、酒、ザーサイ、ごま油の順に入れて、その都度混ぜ合わせ、最後にAを入れて混ぜ合わせる。
②あんを20等分にし、皮の中央に①のあんをのせて包む。
③たっぷりの湯を沸かし②の餃子を入れて、おたまなどで時々沈めながら、4~5分ゆでる。つやが出て全体がぷっくりしてきたら、湯をきって器に盛る。

それ以外のレシピ情報および料理講習会はこちら