料理をつくる前に読んでね!
料理の約束

 

おいしく、上手に料理をつくるために、守ってほしい約束があるのよ。
最初に読んで、頭に入れてね。

1.身じたくをととのえましょう

2.材料や道具を用意しましょう

はじめにレシピをよく読んでおきます。
必要なものをそろえておくと、じょうずに料理できます。

3.あわてない。ふざけない

ほうちょうを使うときや、火の近くにいるときは、落ち着いて行動しましょう。
ふざけたり、おしたりしないように。

4.むずかしいところはおうちの人に手伝ってもらいましょう。

むりをしないで、助けてもらいましょう。
わからないところがあったら、おうちの人に聞いてね。

5.ほうちょうの持ち方には、2種類あります。どちらか好きな方でどうぞ。

 

ほうちょうのえをしっかりとにぎって持ちます。

 

人さし指をのばして持つ持ち方もあります。

 

子ども用のほうちょうもあります。先が丸くなっていて、全体に小さく、軽くできています。

6.材料をはかるときは、カップ、大さじ、小さじを使います

 

左から、カップ(200ml)、大さじ(15ml)、小さじ(5ml)です。
粉や砂糖(さとう)などをはかるときは、写真まん中の大さじのように、すりきりにします(山もりにしません)。

7.後かたづけも大切です

 

使ったなべやボウル、食べ終わった食器はきれいに洗いましょう。
ふきんでふいて、もとの場所にしまいましょう。

大人の方へ

1

お子さんが安全に楽しく調理ができるよう、大人の方がつかず離れずの距離から見守ってあげてください。

2

お子さんの背に調理台が高すぎて使いづらい場合は、キッチンのテーブルやちゃぶ台などで作業しましょう。汚れてもいいように新聞紙などを敷いておくと、後かたづけも簡単です。

3

お子さんのペースですすめられるよう、時間をゆっくりとりましょう。少しぐらい形がいびつなのは当たり前。つくる過程を楽しむのが第一です。出来上がったらいっしょに味わってくださいね。