食材

つるむらさき

 
7~10月です。
東南アジアなど熱帯地方原産のつる性の植物で、食用として広まったのは1970年以降です。

栄養

ビタミンCやカロテン、鉄分、カルシウムなどを多く含む緑黄色野菜です。とくにカルシウムは豊富で、ほうれん草の約4倍もあります。

目利き・保存

茎と葉がやわらかく、緑色が濃く、切り口がみずみずしいものを選びましょう。乾燥しないように野菜保存袋などにいれて、冷蔵庫で保存します。

調理のヒント

加熱すると特有のぬめりが出ます。茎が紫色の「赤茎種」と緑色の「緑茎種」の2種類があり、主に緑茎種が流通しています。茎や葉のやわらかい部分を、さっとゆでておひたしや和え物、炒め物、揚げ物などに。

 

つるむらさきのオイスターソース炒め

つるむらさきを、しょうゆとみりん、オイスターソースの味つけでさっと炒めました。独特のぬめりとほろ苦さ、香りを楽しんでください。