食材

枝豆

 
7~8月

栄養

大豆を若いうちに収獲したものです。カルシウムが豊富で、カロテン、ビタミンB1、Cも多い。

目利き・保存

ふっくらして、鮮やかな緑色のものを選ぶのがポイントです。枝付きの場合は、葉の鮮度がよく、実が密生しているものが良品。ゆでてから冷凍にすると、品質も変わらず、長期保存できます。

調理のヒント

さわやかなグリーンが夏らしいので、ご飯に混ぜたり、炒め物にしたり、つぶして和えごろもにしたりと、いろいろに活用してみましょう。

 

枝豆ご飯

ちりめんじゃこを炊き込んだご飯に、塩ゆでの枝豆を混ぜました。鮮やかな緑色が食欲をそそります。