食材

帆立貝

 
帆立貝の旬は12~5月。特に、産卵期前の4~5月が美味といわれます。

帆立貝は、北海道、東北を代表とする食用貝です。食用にするのは、よく発達した貝柱です。養殖は稚貝を放流して自然状態におく地まき方式と、かごに入れて海中に沈めるなど、管理して育てる垂下方式があります。市場では、前者を天然貝、後者を養殖貝として区別しています。

栄養

帆立貝はたんぱく質が多く、タウリンや亜鉛などを含みます。

目利き・保存

殻つきの場合は、触れると素早く貝を閉じるものが新鮮です。貝柱は身がしまり、つやのあるものが良品です。冷蔵庫に入れて、早めに調理します。

調理のヒント

帆立貝の新鮮なものは、刺身や酢の物で生食されるほか、焼き物、炒め物、煮物など、さまざまに調理されます。

チェックポイント

殻を開ける

貝柱にする

ひもを使う

帆立貝の各部の名称

 

帆立のバターじょうゆソテー

刺身用の帆立貝をバターとしょうゆでさっとソテーしました。香りのいい煮汁をからめていただきます。