ピーマンのレシピ

凡例

調理時間
エネルギー
塩分

※ 調理時間以外の作業時間が発生する場合、「+」が表示されます

ピーマン

サラダやマリネなど、生で食べれば、加熱で栄養素が損失するのを防ぐことができます。一方、炒めたり、煮たりすると、かさが減り、たくさん食べることができ、カロテンの吸収がよくなります。