食材

豚肉

 

栄養

たんぱく質が多く、カロリーは部位によっては高めですが、コレステロール値が低く、ビタミンB1が豊富です。

部位

(1)ヒレ肉 ― 豚肉の中でもっともきめ細かく、やわらかな肉質です。脂肪はほとんどなく、あっさりとした味わいです。厚切りにしてとんかつやソテー、薄切りにして網焼きに。
(2)ロース肉 ― 背中の中央にある肉で、白く厚い脂肪層があります。肉質はやわらかくて味がよく、脂肪がコクを出しています。とんかつやソテーにおすすめです。
(3)ひき肉 ― 肩、バラ肉やすね肉をひいたものが多く、脂質も多めです。上ひき肉は、赤身のもも肉をひいたものです。豚ひき肉は中華料理によく使われます。
(4)バラ肉 ― 胸と腹部分にある赤身と脂肪が層になっている部位です。三枚肉ともいいます。うまみがあるので煮込み料理や炒め物など、和洋中に幅広く使えます。

目利き・保存

手ごろな価格が魅力の豚肉ですが、最近は飼育後期に、麦やさつまいもを与えて、肉質や食味に個性を出したブランド豚も人気です。肉は淡紅色で、脂肪は白く、かたくしまっているものが良品。ラップをして冷蔵庫で保存し、早めに使い切るようにします。

調理のヒント

和洋中とさまざまな料理に向きます。とんかつ、ソテーなどで肉そのもののおいしさを味わうだけでなく、中華調味料など、コクのある味つけにも向きます。中までよく火を通しましょう。

 

豚肉のしょうが焼き

甘辛しょうゆ味にしょうがの風味をきかせ、ご飯によく合う味つけです。しょうがには、肉を柔らかくするはたらきもあります。