ホームクッキング レシピ

携帯・スマホでレシピ検索

トップ > レシピ > 食材とレシピ > 食材 ねぎ

食材ねぎ

栄養

ねぎの独特の匂いの成分は、硫化アリルで、消化液の分泌を促して食欲を増進し、体温を高めて血行をよくする効果があります。カルシウムとビタミンC、葉にはカロテンも含まれています。

目利き・保存

根深ねぎは白い部分がしまって、全体にみずみずしく、弾力があるもの。葉ねぎは、傷やしおれがないものを。ラップに包み、冷蔵庫で保存します。泥ねぎは、自然の状態に近くなるよう、土をかぶせておきます。薬味用に切ってラップで包み、冷凍保存することもできます。

調理のヒント

ねぎは薬味、汁物、鍋物、煮物、炒め物など、幅広く使えます。

ねぎ

旬

ねぎは、長ねぎ、白ねぎと呼ばれる根深(ねぶか)ねぎと、葉ねぎ(青ねぎ)に分けられます。根深ねぎの旬は、12~2月です。根深ねぎは、土をかぶせて白い部分を長く育てたもので、下仁田ねぎなどの種類があります。葉ねぎは、わけぎ、あさつきなどの種類があります。

長ねぎといかそうめんのぬた

長ねぎといかそうめんのぬた

市販のいかそうめんと、さっとゆでた長ねぎを、こくのあるみそだれであえました。しょうゆの香りとみそのうまみ、ほのかなねぎの香りが、いかのおいしさを引きたてています。

お客様相談センター

商品やサービスに関するQ&A、お問い合わせ窓口

このページのトップへ