食材

ゴーヤ(にがうり)

 
7~8月

栄養

熱帯アジア原産で、中国南部、東南アジア、台湾で広く栽培されています。苦瓜(にがうり)の名前の通り、皮に苦味があります。沖縄ではゴーヤといわれ、最近はこの名前でも、よく知られています。ビタミンCが豊富で、ミネラル分も多く、発汗作用があるので、夏のスタミナ野菜といえます。

目利き・保存

緑色が鮮やかで、こぶ状の突起がぴんと張った、固めのものを選びましょう。ラップに包んで、冷蔵庫で保存します。

調理のヒント

薄切りにして、炒め物、酢の物、揚げ物などにします。独特の苦味は、塩少々をふって5分程おき、絞ると薄まります。

チェックポイント

にがうり(ゴーヤ)のわたを取る

にがうり(ゴーヤ)を塩水につける

 

ゴーヤとささ身のおひたし

ゴーヤと鶏ささ身はさっとゆでて、だし汁と合わせるだけ。