食材

にんにく・にんにくの芽

 
新にんにくは5~8月に出まわります。貯蔵品は通年。にんにくの芽(茎にんにく)は、冬から春が旬です。専用の品種のものは、1年中出まわります。

栄養

にんにく独特のにおいと辛みは、アリシン(硫化アリルのひとつ)によるものです。アリシンは、ビタミンB1と結合して、糖質をエネルギーに変えるのを助け、疲労回復や滋養強壮効果をうみます。アリシンなどの硫黄化合物には殺菌効果があり、また抗酸化作用もあるのでガン予防も期待できます。にんにくの芽はにおいがやわらかく、カロテン、食物繊維、ビタミンB1が含まれています。

目利き・保存

にんにく(貯蔵品)は持ったときにずしりと重く、粒が大きくてかたいものが良品です。芽が出ているものは避けましょう。新にんにくは、薄皮が白くてはりがあり、みずみずしいものを。にんにくの芽は、茎がやわらかく、弾力性のあるものを選びましょう。にんにくの芽は野菜保存袋に入れて、冷蔵庫で保存し、早めに食べきります。

調理のヒント

にんにくの香りは食欲を増進させ、食べ物のくさみを消します。和風、洋風、中華、エスニックとさまざまな料理に利用できます。刺激が強いので、食べ過ぎに注意しましょう。にんにくの芽は炒め物、焼き物がおすすめです。

チェックポイント

にんにくをつぶす

にんにくの薄切り

にんにくのみじん切り

 

「にんにくしょうゆ」のつくり方

【材料】

にんにく1個 キッコーマン特選丸大豆しょうゆ適量

【つくり方】
1

にんにくは薄皮をむき、水洗いして水気をふきとり、消毒した保存びんに詰める。

2

(1)に、ひたひたになるくらいまでしょうゆを注ぐ。

2~3週間でおいしい「にんにくしょうゆ」のできあがりです。チャーハンなどの炒め物や焼肉、ラーメンなどの香りづけに。しっかりと味のしみたにんにくは刻んで料理に加えても、そのまま食べてもおいしい。

 

グリーンピースのサラダ

さっと火を通したグリーンピースをにんにくの効いたアンチョビードレッシングで和えます。