食材

ピーマン

 
6~8月。

唐辛子を品種改良し、食べやすくしたのがピーマンです。緑色のピーマンは未熟なうちに収穫したもので、完熟すると赤くなります。熱帯アメリカの原産で、日本には16世紀ごろに伝わりました。広く一般に定着したのは第二次世界大戦後です。

栄養

ビタミンC、カロテンを多く含んでいます。ピーマン100g中のビタミンC含有量は約80mgです。中ぐらいの大きさのピーマン4個で、1日に必要なビタミンCがとれるといわれています。

目利き・保存

色が濃くて、肉厚でやわらかいものが良品。皮にしわがよっているものは避けましょう。野菜保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。比較的日持ちがよく、10日程度は保存できます。切り口からいたんでくるので、1個を使いきるようにしましょう。

調理のヒント

サラダやマリネなど、生で食べられます。一方、炒めたり、煮たりすると、かさが減り、たくさん食べることができます。ピーマンのビタミンCは、加熱調理による損失が少なく、油とともに調理すればカロテンの吸収がよくなります。

チェックポイント

ピーマンの種を取る

ピーマンの細切り

ピーマンの乱切り

 

ピーマンの昔煮

ピーマンを甘辛しょうゆ味の煮汁で、くたっとなるまで煮たものです。味がしみたピーマンはやわらかく、ごはんによくあいます。