食材

はまぐり

 
はまぐりの旬は12月~3月です。

はまぐりという名前は、小石(ぐり)のようにたくさんとれることに由来、あるいは、栗のような形をしているからともいわれています。北海道南部から九州、朝鮮半島、中国沿岸に分布し、国内では熊本、鹿島灘などが主な産地です。はまぐりの殻は対になっているもの以外には合わないことから、結婚式の祝い膳に使われます。

栄養

たんぱく質やビタミンの含有量は多くありませんが、グリシン、アラニン、グルタミン酸が多く含まれ、甘味も濃く、品のいい味わいで、よいだしが出ます。

目利き・保存

殻をかたく閉じていて、殻と殻をぶつけると澄んだ音のするものを選びましょう。冷蔵庫で保存し、早めに使いきります。

調理のヒント

殻つきは酒蒸しや汁物に。市販品は砂抜きしてあるものが多いのですが、時間があれば海水よりややうすめの塩水(濃度2~3%)につけ、冷暗所に2~3時間おきましょう。水が多すぎても、塩分が強すぎても貝が死ぬので注意しましょう。

 

はまぐりの酒蒸し 三つ葉添え

ふっくらとした大粒のはまぐりのおいしさを、たっぷりと味わうレシピです。ごくシンプルに、しょうゆと三つ葉の香りを添えました。