食材

れんこん

 
れんこんの旬は11~2月。

栄養

れんこんははすの地下茎で、ビタミンCとでんぷんを豊富に含んでいます。

目利き・保存

れんこんは形がふっくらとして、全体に傷がなく、クリーム色のものが良品。あまり白いものは漂白しているので、避けましょう。保存はラップに包んで冷蔵庫で。

調理のヒント

れんこんは「見通しがきく」ことから、昔からお正月などに欠かせない縁起のいい野菜とされてきました。歯ざわりを生かして酢の物や煮物に。すりおろして蒸し物、揚げ物にすると、ねっとりとした食感が楽しめます。

チェックポイント

れんこんを水にさらす

れんこんの乱切り

 

れんこんのおかかしょうゆ煮

シャキシャキした歯ざわりを残し、たっぷりおかかでご飯にもぴったり。