ホームクッキング レシピ

携帯・スマホでレシピ検索

食材

川で生まれ、海で育ち、川に戻って産卵します。一般に鮭と呼ばれるのは白鮭で、夏、東北以北の沿岸でとれた若い鮭は、時知らずと呼ばれ、珍重されます。秋、河川に回帰するものは、秋鮭や秋味と呼ばれ、新巻(塩鮭)にも使われます。赤味の濃い紅鮭は、ステーキ、缶詰に加工されます。銀鮭はカムチャツカから北アメリカに分布し、ソテーやムニエルに向きます。もっとも大きなキングサーモンは、北太平洋沿岸の大河川に遡上し、ルイベ、ステーキ、燻製に使われます。(写真右はキングサーモンの生切り身、左は紅鮭の塩鮭)

栄養

一般の白身の魚に比べて脂肪が多く、ビタミンA、D、B1、B2が豊富に含まれています。

目利き・保存

身につやがあり、厚いものを選びましょう。生鮭切り身の冷蔵庫保存は2日が限度です。

調理のヒント

生鮭は焼き物、フライ、炒め物など幅広く利用できます。

鮭

旬

鮭の旬は9~11月。塩鮭は1年を通じて店頭に出回ります。

焼き鮭の香味ソース

焼き鮭の香味ソース

鮭の切り身に小麦粉をまぶして焼き、しょうゆやレモン、しょうが、ねぎを加えた香味ソースをかけた、香りのいい焼き物です。

お客様相談センター

商品やサービスに関するQ&A、お問い合わせ窓口

このページのトップへ