食材

かぶ

 
かぶの旬は11~3月。春の七草のひとつで「かぶら」とも呼ばれます。聖護院大丸かぶ、金町小かぶなど、さまざまな種類があります。

栄養

かぶの根には、ビタミン類のほかに、消化酵素アミラーゼが含まれています。葉には、カロテン、ビタミンCがたっぷりなので、捨てずに使いましょう。

目利き・保存

かぶの根は白く、光沢があり、茎に傷や折れがないものが良品です。根に割れ目があったり、茎のつけ根が変色しているものは、避けましょう。葉と根は別々にラップして包装します。葉は鮮度が落ちやすいので、なるべく早く調理しましょう。

調理のヒント

かぶの根は煮物、漬け物、柔らかく、アクがないので、さっと炒めたり、サラダにしてもおいしい。茎は汁の実、しょうゆで炒めて常備菜に。

 

かぶの即席漬け

薄く半月切りにしたかぶを、ととろ昆布でゆず風味のぽんずで和えます。