ホームクッキング レシピ

携帯・スマホでレシピ検索

トップ > レシピ > 食材とレシピ > 食材 ほうれん草

食材ほうれん草

栄養

ほうれん草は緑黄食野菜の代表格で、カロテン、ビタミンC、鉄分、カルシウム、クロロフィルを多く含んでいます。食物繊維もやわらかく、良質です。シュウ酸が含まれているので、下ゆでしてから調理します。

目利き・保存

ほうれん草は葉に張りがあり、緑が濃く、茎のしっかりしたものが新鮮です。乾燥しないようにラップか、ぬれた新聞紙に包んで冷蔵庫で保存します。

調理のヒント

ほうれん草はおひたし、和え物、鍋物、炒め物などに。アクの少ないサラダ用も出まわっています。

ほうれん草

旬

ほうれん草の旬は12~2月。東洋種と西洋種、両方を交配したものがあります。東洋種は、根の部分が赤く、葉先がとがっており、秋から冬が旬になります。西洋種は、葉が丸みを帯びて切れ込みが浅く、ややアクが強く、夏頃に出まわります。交配種は1年を通して見られます。

ほうれん草のうまみお浸し

ほうれん草のうまみおひたし

ゆでたほうれん草にしょうゆをふりかけ、ぎゅっとしぼってから、調味料をなじませました。しょうゆのうまみが、ほうれん草の甘味を引き出し、奥行きのある味わいになりました。

お客様相談センター

商品やサービスに関するQ&A、お問い合わせ窓口

このページのトップへ