ホームクッキング レシピ

携帯・スマホでレシピ検索

トップ > レシピ > 食材とレシピ > 食材 なす

食材なす

夏野菜の中心的存在である「なす」は、和食にも洋食にも活躍する万能選手。はりつやがよく、がくの部分についたとげが鋭いものを選ぶのがポイントです。自然な甘味があるので、炒め物、煮物など、いろいろなバリエーションで楽しめます。

栄養

栄養成分は少ないのですが、食物繊維は比較的多い。最近、注目されているのは、皮に含まれる、ナスニンや褐変物質のクロロゲン酸です。これらは、抗酸化作用の優れたポリフェノール類で、老化抑制やがんの予防の効果があります。ナスニンは、動脈硬化の予防や眼精疲労の回復、クロロゲン酸は、血圧や血糖値の正常化に有効とされます。

目利き・保存

全体にはりがあり、がくの部分のとげが鋭いものを選びましょう。冷蔵保存すると味が落ちるので、常温で保存し、早めに食べきるようにします。

調理のヒント

和食にも洋食にも活躍します。夏場はとくに甘味が増すので、シンプルな焼きなすなどがおすすめです。

なす

旬

年中出荷されていますが、露地物の旬は7~8月

なすの田舎風しょうゆ煮

なすの田舎風しょうゆ煮

なすを軽く炒めてから、やわらかく味を煮含めた定番料理です。温かくしても、冷たくしてもおいしく食べられます。

お客様相談センター

商品やサービスに関するQ&A、お問い合わせ窓口

このページのトップへ