食材

大根

 
12~2月

大根は古事記にも登場するほど、日本では古くから食べられており、現在も、もっとも多く栽培されている野菜です。一番多く出まわっているのは、葉の下の部分が青い青首大根ですが、かぶのように丸く水分の多い聖護院大根、小型で辛みの強い辛み大根など、いろいろな種類があります。

栄養

大根はビタミンC、でんぷん質分解酵素のアミラーゼが豊富です。

目利き・保存

大根は秋から冬に甘みが強くなり、水分もたっぷりと含んでいます。葉つきの場合は、葉を切り落として(葉から水分が抜けるのを防ぐ)ラップに包み、冷蔵庫で保存します。

調理のヒント

大根の葉に近い部分はサラダなど生に、真ん中の太い部分はおでんなどの煮物に向きます。先は辛味が強いので、おろして薬味などに。葉は新鮮なうちにゆでておけば、味噌汁やチャーハン、炒め煮などに使えて便利。

チェックポイント

大根の皮を厚くむく

大根の面取り

大根に隠し包丁を入れる

大根の乱切り

大根の拍子木切り

 

大根のしょうゆ、ごま油風味

みずみずしい旬の大根はサラダ感覚で。今回はボリュームを出したいので、太めの拍子木切りにしました。 しょうゆとごま油の風味に、ぴりっと辛い赤唐辛子が味のアクセントです。