食材

トマト

 
6~9月。

栄養

年を通じて、さまざまな品種が店頭に並びます。100g当たり19kcalと低カロリー。鮮やかな赤い色は、リコピンという色素によるものです。リコピンは、ガンや動脈硬化症などの生活習慣病予防に効果が高いと、注目されている成分で、抗酸化作用の数値はβカロテンの2倍ほどもあります。また、ビタミンCも多く含んでいます。トマトは生でたくさん食べられるので、ビタミンCを効率よく摂ることができます。

目利き・保存

へたがしおれたり、黒ずんでいないもの、丸みがあり、割れていないものを選びましょう。低温保存すると味が落ちるので、夏場以外は常温で保存します。

調理のヒント

生はもちろん、煮込んだり、焼いたりしても。うまみ成分であるグルタミン酸を含むので、スープやソースに使うと、味を引き立ててくれます。パスタなど、イタリア料理には、イタリア産の赤く、細長い種類がおすすめ。

チェックポイント

トマトの皮むき

トマトの種を取る

トマトの輪切り

トマトのくし型切り

トマトのザク切り

 

トマトとサニーレタスのごま風味サラダ

ごまの香りと味わいが、トマトにベストマッチ。ドレッシングはオイル少なめのヘルシー和風味。