食材

もやし

 
もやしは、1年中出まわり、特に旬はありません。本来、もやしとは、豆などを発芽させ、軸が少し伸びた状態で食用にするものを指します。よく見かけるのは、緑豆を発芽させたもの。緑豆は春雨の材料になります。豆もやしは、大豆が原料。スプラウトと呼ばれる、アルファルファやそば、ブロッコリーの芽も、もやしの一種です。

栄養

緑豆もやしは、ビタミンCが豊富で、ビタミンB1、B2、食物繊維も含まれています。豆もやしは、たんぱく質も多めです。

目利き・保存

もやしは色が白く、豆が開き過ぎていないものが良品です。茶色がかって、しおれているものは避けましょう。ビニール袋などにいれて冷蔵庫で保存、早めに使いきります。

調理のヒント

もやしは炒め物、おひたし、煮物、和え物など。かたいひげ根を手で摘むと、ひと味違うおいしさになります。

 

もやしの辛子じょうゆ和え

もやしはさっとゆでて、辛子じょうゆで手早く和えます。シャキッとした歯応えを残して仕上げましょう。