食材

さやえんどう

 
3~6月

えんどう豆の仲間のうち、若いさやを食べるものがさやえんどうで、絹さや、さとうさやなどの種類があります。若い実を食べるものはグリーンピースです。スナップえんどうは、さやと実の両方食べられます。若いつるや芽は豆苗と呼ばれます。

栄養

カロテン、ビタミンCが豊富です。

目利き・保存

緑色が鮮やかで、さやに張りがあるものを選びましょう。乾燥しないように野菜保存袋などにいれて、冷蔵庫で保存します。

調理のヒント

歯ざわりがよく、ほのかな甘味があるので炒め物、和え物などに。さっとゆでて料理の彩り、汁の実にも。

チェックポイント

さやえんどうのへたと筋を取る

 

さやえんどうと小えびのしょうゆ炒め

やわらかなさやえんどうとえびをさっと炒めた、手軽な一品。しょうゆのうまみが、さやえんどうの甘みや香りを引き出してくれます。