食材

しょうが

 
6~7月に収獲したばかりのものを新しょうがと呼び、貯蔵して翌年出回るものを、ひねしょうがといいます。根茎が小指大に育ったときに、葉をつけたまま売られるのが葉しょうがで、「谷中しょうが」「ツバメしょうが」があります。

栄養

しょうがの辛み成分ジンゲロンは、体に適度の刺激を与え、胃液の分泌をさかんにし、食欲を増進させ、消化機能を高めます。また血液循環をよくし、発汗を促す作用もあります。そのほか殺菌作用、臭い消し作用もあります。

目利き・保存

表面に傷がなく、つやと張りがあるものを選びましょう。乾燥しないように野菜保存袋などにいれて、冷蔵庫で保存します。

調理のヒント

さわやかな辛みの新しょうがは、甘酢漬けやスライスして生食に。ひねしょうがはおろしたり刻んだりして、鍋物、すし、魚料理のたれや薬味に。煮物に加えると、臭みを消す効果も期待できます。葉しょうがは、刺身のつまや酒の肴に。

チェックポイント

しょうが汁をしぼる

しょうがのみじん切り

 

豚肉のしょうが焼き

しょうがの風味に、しょうゆの香ばしさ、本みりんのてりが加わって、豚肉のおいしさがぐっと引き立ちます。人気の定番おかずです。