食材

まぐろ

 
1年中出回ります。まぐろには、クロマグロ(ホンマグロ)、ミナミマグロ(インドマグロ)、手頃な価格で人気のあるキハダマグロ、メバチマグロなどの種類があります。なお、カジキマグロは、分類上、まぐろとは別の種類です。

栄養

まぐろは、たんぱく質が豊富で、ビタミン、ミネラル、健康に有用なEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)も多く含まれています。

目利き・保存

さくで出回り、大トロ、トロ、中トロ、赤身の順で脂肪が少なくなります。さくは色が鮮やかで、きめ細かなものを選びましょう。冷蔵庫で保存し、早めに食べ切ります。冷凍状態のものは、冷凍庫に。

調理のヒント

刺し身、手巻きずし、まぐろ丼のほか、ステーキやフライ、和え物にも。和風はもちろん、中華風、韓国風、洋風の味つけもおすすめ。

 

まぐろの山かけ

まぐろの刺し身に、しょうゆ、みりんで味をつけ、すりおろした大和いもを味つけて添える。