食材

昆布

 
昆布の収穫期は7~9月です。採取した後、天日にあてて干すことにより、うまみ成分が凝縮されます。

栄養

食物繊維、ミネラル、カルシウム、鉄分、ヨウ素などが豊富に含まれています。

目利き・保存

乾物はよく乾燥して香りがよく茶褐色のものが良品です。湿気を避け、乾燥したところに保存しましょう。昆布の表面の白い粉はマンニットという炭水化物の一種です。固く絞ったぬれぶきんなどでふいて使用しましょう。

調理のヒント

真昆布、利尻昆布はだし用。日高昆布(三石昆布)はだしと煮物、両方に使えます。おでんや昆布巻きには、早く煮える早煮昆布がおすすめです。おぼろ(とろろ)昆布は昆布を酢にひたして柔らかくした後、薄く削ったもので、吸い物、和え物などに。生の昆布を細切りにした切り昆布はもどす手間がないので、手軽に使えます。煮物、和え物などに。

チェックポイント

昆布だしの取り方

 

切り昆布煮

柔らかな切り昆布を油揚げとにんじんとともに、さっと炒め煮にした副菜です。味つけはみりんとしょうゆで、あっさりと。ご飯によく合う味つけです。