食材

ひき肉

 

ひき肉は、価格も手頃でおいしく、扱いやすいのでさまざまな料理に使われます。一般的には、すね肉や肩肉などの固い部分や、さばいた後のあまり肉が使われます。二度ひき、粗びきなどの種類があります。

栄養

それぞれの肉と同様の栄養価です。
牛ひき肉 ― 外もも肉、すね肉、ネックなどをひいたもので、脂肪の少ない赤身肉をひいたものもあります。たんぱく質、脂質、鉄分を多く含んでいます。
豚ひき肉 ― 肩バラ肉やすね肉をひいたものが多く、脂質も多めです。上ひき肉は、赤身のもも肉をひいたものです。たんぱく質、ビタミンB1が豊富です。
合びき肉 ― 牛肉と豚肉を混ぜてひいたものです。栄養価も、両方の特徴を持っています。
鶏ひき肉 ― 若鶏、ひな鶏の各部位を混ぜてひいたものです。たんぱく質が多く、脂肪には不飽和脂肪酸が含まれています。

目利き・保存

変色がなく、色が鮮やかなものを新鮮です。日保ちがしないので、冷蔵庫で保存し、なるべく早く使いきります。冷凍も可能ですが、長く保存しないよう注意しましょう。

調理のヒント

炒め物、煮物、揚げ物などに。和風には鶏、洋風には牛か合びき、中華風には豚が基本です。ハンバーグなどは、牛ひき肉だけだと固くなりやすいので、豚ひき肉を加えるとふっくらと仕上がります。牛対豚が7対3か6対4がおいしい配合です。

 

ミニトマトハンバーグ

合いびき肉にを使い、小さくまとめてしょうゆ、みりん、トマトジュースのソースがよく絡みます。