食材

パプリカ

 
6~8月。

赤、黄、オレンジなどのカラフルな色をした、ベル形で大型のカラーピーマンのことです。オランダからの輸入が多かったため、パプリカ(オランダ語でピーマン)と呼ばれるようになりました。

栄養

いわゆるピーマンにくらべてビタミンC、カロテンを多く含んでいます。

目利き・保存

全体に色が均一で濃く、表面につやがあるものが良品。皮にしわがよっているものは避けましょう。野菜保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

調理のヒント

料理の彩りとしてもよく使われます。肉厚で青臭さが少なく、甘味が多いので、炒め物や揚げ物のほか、サラダなど生食にも向きます。

チェックポイント

パプリカの種を取る

パプリカの皮を焼いてむく

 

パプリカのごま和え

歯ざわりを残してさっと炒めたパプリカをしょうゆとみりん、すりごまで和えます。お弁当のおかずにもおすすめです。