Today's Menu

豊かなコクとほっとする
味わいに感激!
しょうゆがほんのり香る
簡単おやつ3品

2020.05.25

しょうゆのうまみはおいしいおかずをつくるため……だけではもったいない話。おやつに使っても、香ばしさやコクが加わってとてもリッチな味わいになるんです。今回はそんなしょうゆの良さを和風はもちろんのこと、いろいろなおやつに生かしてみようという企画。どれも「スイーツ」というより「おやつ」というのがしっくりくる、ほっとする味わいです!

コクのある甘さは
しょうゆのなせる技!
和のおやつ

レンジで簡単! くるみ餅

ほんのり香るしょうゆの風味でぐっと甘みを強く感じられて美味!
もっちりした食感の中にカリッとしたくるみがいいアクセントになっています。

写真:レンジで簡単!くるみ餅

塩で甘みを引き立てる、というのは和菓子ではよくあることですが、しょうゆにするともっと複雑で奥の深いうまみが加わります。日本茶と合わせたら、もうしみじみと心も落ち着くようなひとときになること間違いなし! 電子レンジにかけて練るだけなので、気軽につくれるのがいいところ。

材料(4人分)

白玉粉
100g
砂糖
100g
牛乳
1カップ
キッコーマン いつでも新鮮
特選しょうゆ まろやか発酵
小さじ2
くるみ
30g
きなこ
大さじ4

つくり方

1
ボウルに白玉粉を入れて麺棒などで細かく粒をつぶし、砂糖を加えて木べらなどで混ぜる。
2
牛乳を少しずつ加えてのばし、しょうゆを加え、だまのないようにむらなく混ぜる。万能こし器かザルでこし、直径20cmの耐熱ボウルに入れる。
3
くるみは粗く刻む。
4
ラップをせずに電子レンジ(600W)で5分加熱する。取り出してくるみを加えたら、水でぬらした木べらで手早く練り混ぜ、餅状にする。
5
バットに半量のきな粉を広げ、生地を落とし入れて広げる。残りのきな粉をまぶし、1cm程の厚さで平らになるよう手のひらで押してのばす。粗熱が取れたらまな板に取り出し、包丁で一口大に切る。

(1人分299kcal、塩分0.5g)

Point
電子レンジで加熱して取り出したら、くるみを加えて木べらで手早く混ぜるようにします。

電子レンジで加熱して取り出したら、くるみを加えて木べらで手早く混ぜるようにします。生地がくっつかないように、木べらは必ず水でぬらしておきます。ボウルが熱くなっているので注意して。

皮にしょうゆ風味の
ひと工夫。
カリッとおいしい
ごま団子

しょうゆごま団子

定番中華のおやつも皮にしょうゆを加えることで、ぐんと甘みが深く感じられます。

写真:しょうゆごま団子

おやつの中ではボリュームのあるタイプの中国の甘い点心「ごま団子」。カリッとした表面と中のもっちりとした食感が魅力です。そしてたっぷりまぶしたごまの香りの良さが最高! この豊かな味わいもしょうゆの力でさらに濃密なうまみを感じられる仕上がりに。ほんのりしょうゆ風味の皮と中の甘いあんの組み合わせが絶妙です。

材料(5人分)

白玉粉
100g
砂糖
20g
キッコーマン いつでも新鮮
特選しょうゆ まろやか発酵
小さじ2
ごま油
小さじ1
ごま
大さじ5
揚げ油
適量
(A)あん
市販のゆであずき
200g
すりごま(白)
小さじ4
ごま油
小さじ1

つくり方

1
あんをつくる。直径15cm程度の耐熱ボウルにゆであずきを入れてフォークの背ででよくつぶし、すりごま、ごま油を加えて入れて広げ、ラップをしないで電子レンジ(600W)で4分加熱する。取り出してゴムベラで手早く混ぜ、完全に冷めたら、油(分量外)をつけた手で、10等分に丸めておく(ゆるいようなら、電子レンジにかけなおして固さを調整する)。
2
ボウルに白玉粉を入れて麺棒などで粒を細かく砕き、砂糖を加えて手で混ぜる。水大さじ4、しょうゆ、ごま油を加えて混ぜ、全体がまとまり水っぽさがなくなったら、水大さじ2~3を少しずつ足しながら耳たぶくらいの柔らかさでなめらかになるまで練り混ぜる、10等分に丸めてバットに並べる。
3
(2)の生地を手のひらで直径5~6cmくらいの円に広げ、あんを中心にのせて口を閉じて丸く包む。
4
バットにごまを広げ、(3)を1個ずつ転がすようにして全体にまぶす。
5
揚げ油を140℃に熱して(4)を入れる。中火にし、菜箸で転がしながら全体がきつね色になるまで8~10分揚げる。

(1人分293kcal、塩分0.4g)

Point
生地を円にするとき、ふちが薄くなるようにしておくと包みやすくなります。

生地を円形にするとき、ふちが薄くなるようにしておくと包みやすくなります。

ヘルシーなスコーンは、
しょうゆを加えて
ちょい和風に!

豆腐としょうゆのスコーン

おやつはもちろん、ブランチにもぴったりのボリュームのあるスコーンです。

写真:豆腐としょうゆのスコーン

スコーンというとイギリスの定番ですが、それを豆腐としょうゆでぐぐっと和風にアレンジ。豆腐を加えた生地はあっさりとしていて重すぎないのがなんともグッドです。そして注目はレーズンとしょうゆの組み合わせ。凝縮されたぶどうのおいしさとしょうゆのうまみ、絶妙に高めあう仲とはこのこと、ぜひお試しあれ!

材料(5人分)

薄力粉
200g
砂糖
50g
ベーキングパウダー
小さじ2
木綿豆腐
150g
キッコーマン いつでも新鮮
特選しょうゆ まろやか発酵
大さじ1
レーズン
50g

つくり方

1
オーブンを180℃に温めはじめる。ボウルに薄力粉、砂糖、ベーキングパウダーを入れて、ゴムベラでよく混ぜる。豆腐を細かくちぎって加え、へらでつぶしながら少し混ぜたらしょうゆを加え、へらを大きく動かすようにして全体を混ぜる。
2
少し粉っぽさが残るくらいになったらレーズンを加えてざっと混ぜる。
3
手に薄力粉(分量外)をつけながら、10等分してざっと丸める(しっかり握りすぎないように注意)。
4
天板に並べ、180℃のオーブンで25~30分焼く。

(1人分244kcal、塩分0.8g)

Point
粉っぽさが残るくらいに混ぜればOK。

粉っぽさが残るくらいに混ぜればOK。このほうがスコーンらしいざくっとした食感で焼き上がります。

ホームクッキング編集担当より

甘さを引き立てるために、隠し味に塩を加えるというのはよくある話ですが、しょうゆを使うと塩気に加えて深~い香ばしさとうまみもプラスされるのがすごいところ。試食したら3品とも単に甘いだけではない味の広がりが感じられ、活用の幅は広いんだなと再発見。そしてどれもなじみやすい、ほっとした味になるものしょうゆならではの力ですね。今回使用した「キッコーマンいつでも新鮮 特選しょうゆ まろやか発酵」は、加熱しても深みのある香りがしっかり残るので特におすすめ。「うまみの強さがワンランク上だから、料理上手になったように感じるかもしれませんね」、と小田先生からもありがたい言葉をいただいております。

写真:キッコーマン いつでも新鮮 特選しょうゆ まろやか発酵
写真:小田真規子さん

教えてくれた人 小田真規子さん

料理家・フードディレクター・栄養士。スタジオナッツを主宰し、徹底的な研究と試作による検証で、誰でもおいしくつくれる料理レシピを数多く生み出す。雑誌、テレビ、新聞などのメディアで活躍するかたわら、その信頼感から企業のメニュー開発などのアドバイスを依頼されることも多数。近著に『自炊のトリセツ おいしいごはんの法則』(池田書店)などがある。
スタジオナッツ http://studionuts.com
インスタグラムID studionutsnuts パプリカマキコ

撮影/高杉 純 文/ホームクッキング編集担当
※商品情報は本記事公開時点のものです。公開後にリニューアル、販売終了等になることがありますので詳しくは当社サイトの商品情報をご確認ください。