Today's Menu

簡単につくれて楽しい!
ご飯が変身☆
きりたんぽ風ライスバー

2021.01.12

ご飯を使った楽しいメニュー、きりたんぽ風のライスバーをつくってみませんか? 割り箸にご飯をつけてにぎったらフライパンで焼くだけと簡単。手に持って棒アイスのように食べるスタイルが新鮮です。ランチにおやつにおつまみに、おすすめの味を3つご紹介します!

ケチャップライスバーで
基本をマスター

ケチャップ風味のライスバー

ケチャップ味は子どもも大好きな味わいです!

写真:ケチャップ風味のライスバー

甘酸っぱいケチャップライスを棒状に。鶏ひき肉を使ったらまさにチキンライスのあの味わい。

材料(2人分・6本)

小麦粉
大さじ1と1/2
ご飯(常温)
150g
サラダ油
大さじ1
(A)
鶏ひき肉
150g
小さじ1/4
デルモンテ トマトケチャップ
大さじ2
パセリ(みじん切り)
大さじ1

つくり方

材料を混ぜる
1

材料を混ぜる

割り箸を割って6本用意する。ボウルに(A)を入れてなじむまで混ぜる。

粉とご飯を加えて練る
2

粉とご飯を加えて練る

小麦粉とご飯を加え2分ほどよく練り、6等分にする。

箸につけて棒状にする
3

箸につけて棒状にする

割り箸に(2)をつけてにぎり、フランクフルトのような棒状にする。

焼く
4

焼く

フライパン(直径26㎝)に油を中火で熱し、転がしながら6~7分かけて焼く。

(1人分363kcal、塩分1.3g)

ソースを使って
スパイシーに!

ソース味のライスバー

ソースが香る焼きたては食欲をそそること間違いなし!

写真:ソース味のライスバー

冷蔵庫にソースが残っていたら迷わずこれを。豚ひき肉を使ったソース味のライスバーは肉のうまみとスパイスの風味があいまって、お酒のおつまみにもぴったりの味わい。

材料(2人分・6本)

小麦粉
大さじ1と1/2
ご飯(常温)
150g
サラダ油
大さじ1
(A)
豚ひき肉
150g
小さじ1/4
キッコーマン デリシャスソース中濃
大さじ2
青ねぎ(小口切り)
3本分

つくり方

1
割り箸を割って6本用意する。ボウルに(A)を混ぜ、なじんだら小麦粉とご飯を加え2分程よく練り、6等分にする。
2
割り箸に(1)をつけてにぎり、フランクフルトのような棒状にする。
3
フライパン(直径26cm)に油を中火で熱し、転がしながら6~7分かけて焼く。

(1人分404kcal、塩分1.6g)

ボリューム満点の
肉巻きライスバー!

甘辛肉巻きライスバー

甘辛味の焼肉とご飯をいっしょにほおばる幸せが1本に凝縮!

写真:甘辛肉巻きライスバー

いうなれば肉巻きおにぎりのライスバー版。ランチにもいけるボリューム感が魅力です。間違いなくおいしいしょうゆベースの甘辛味ですが、ご飯には青じそを混ぜてさっぱりとさせておくのがバランスよく仕上げるポイント。

材料(2人分・6本)

青じそ
4枚
ご飯(常温)
240g
小麦粉(ご飯に混ぜる用)
小さじ1
白ごま
小さじ2
牛しゃぶしゃぶ用肉
120~150g
小麦粉(肉にまぶす用)
大さじ1
サラダ油
大さじ2
(A)
マンジョウ 米麹こだわり仕込み 本みりん
大さじ2
キッコーマン いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆ
大さじ1

つくり方

1
割り箸を割って6本用意する。青じそは粗みじんに切る。ボウルにご飯、小麦粉小さじ1、ごま、青じそ入れてよく混ぜて6等分にする。
2
割り箸に(1)をつけてにぎり、フランクフルトのような棒状にする。(少し置いておくとくずれにくくなる)。
3
肉を6等分し、まな板に肉を広げて置き、端から巻き付け、先端は折りたたむようにして6本つくり、小麦粉大さじ2を全体にまぶす。
4
フライパン(直径26㎝)に油大さじ1を熱し、4~5分程表面を転がしながら焼き色をつける。
5
弱火にして(A)を加え、上下を返して照りが出るまでしっかり煮からめる。

(1人分572kcal、塩分1.3g)

Point
まな板に肉を広げて置き、端から巻き付けます。先端は折りたたむようにして。

まな板に肉を広げて置き、端から巻き付けます。先端は折りたたむようにして。

ホームクッキング編集担当より

スティック状にしたご飯はとっても食べやすく、しっかり味で冷めてもおいしいのでおべんとうにするのもおすすめです。休日のランチに家族いっしょにつくってホットプレートで焼きながら食べるのも楽しいひとときになりそう。冷蔵庫に残っている調味料の使い切りにもひと役買いますから、ぜひお試しください!

写真:小田真規子さん

教えてくれた人 小田真規子さん

料理家・フードディレクター・栄養士。スタジオナッツを主宰し、徹底的な研究と試作による検証で、誰でもおいしくつくれる料理レシピを数多く生み出す。雑誌、テレビ、新聞などのメディアで活躍するかたわら、その信頼感から企業のメニュー開発などのアドバイスを依頼されることも多数。近著に『レンジでおいしい! 1人分の定番おかず』(扶桑社)、『今日から料理を始める人の61レシピ』(KADOKAWA)などがある。
スタジオナッツ http://studionuts.com
インスタグラムID studionutsnutsm パプリカマキコの料理のパプリ科foodshot_kusudama 料理フォトくすだま

撮影/高杉 純 文/杉森一広(ホームクッキング編集長)
※商品情報は本記事公開時点のものです。公開後にリニューアル、販売終了等になることがありますので詳しくは当社サイトの商品情報をご確認ください。