Today's Menu

もっとキッコーマン商品を
知って欲しい!
新しいオンラインイベント
「ゆるプレゼン」を舞台裏から報告します。

2021.04.26

お客様とキッコーマンが直接つながる「ホームクッキングmeeting」の新企画!  2021年3月25日に、東京・虎ノ門にあるキッコーマン東京本社と全国津々浦々のみなさんのおうちをつなげ、『開発担当が「ゆるプレゼン」!イチオシ商品をみんなで語る会vol.1』を開催しました。あっという間に過ぎていった90分、そのイベントの全貌をお伝えします。

キッコーマン公式SNS
「中の人」です

「キッコーマン本社にある収録スタジオからお届け」と言いたいところですが、ここは東京本社の会議室。初めての「ホームクッキングmeetingゆるプレゼン」は、手づくりの即席スタジオからの生配信となりました。

写真

テレワーク推進でまばらな社内ですが、今日は会議室で朝から何度もリハーサル。

写真

イベント開始15分前。全国から次々と参加者のみなさんがmeetingルームに集まってきました。奥では、カメラに向かってプロローグのおしゃべりがスタート。

写真

さあいよいよ、本番が始まります!

写真
写真

「みなさん、こんにちは! 本日はよろしくお願いします!!」

進行役は黄色いエプロンをつけた、ホームクッキング編集長・杉森。キッコーマンごはん部を担当する鈴木の挨拶でイベントが幕開けです。
「キッコーマンごはん部は、キッコーマンつかおプロジェクト(仮)のメンバーのみなさんと決めたネーミングです。3月からこの名前で活動を開始しました。今回がごはん部になって初めてのイベント! みなさんと一緒に楽しみたいと思います」

写真

「キッコーマンごはん部」をはじめ公式ツイッターやインスタグラムを担当する鈴木。いわゆる「中の人」です。

ゆるプレゼンPart1
「いつでも新鮮 
しぼりたて生しょうゆ」

イベント本編の「ゆるプレゼン」。最初は「キッコーマン いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆ」です。さらりとしたうまみ、鮮やかな色が特徴のキッコーマン看板商品のひとつで発売10周年を迎えました。商品開発担当、伊藤がゆるプレゼンをします。

写真

「しぼ生」って呼んでくださいね!

写真

ちなみに伊藤、趣味はマラソンと浦和レッズ。家では3人の娘さんの父。

「しぼ生」は、通常のしょうゆづくりでおこなう「火入れ(加熱処理)」をせずに仕上げます。だから、色が鮮やかだったり、さらっとしたうまみや、調理で加熱したときに華やかな香りがしたりするんですよ。かつては、しょうゆ職人さんたちだけが味わえた特別な味を、特殊な密封容器を開発することで商品化に成功しました!……と、伊藤が語ります。

写真

じつは1966年に一度世に出たことがあるという、知られざる「生しょうゆ」の過去も明らかに。

写真

約10年かけて開発した密封卓上ボトルの二重構造には、参加者のみなさんも驚いていました。

みなさんの「しぼ生」活用法なども教えていただきながら「ゆるプレゼン」は進み、話題は「しぼ生」だけでつくる推しメニュー「無敵漬け」へ。無敵漬け鶏チャーシューを使ったアレンジメニューの人気投票をおこないました。「無敵漬け」について、詳しくはこちらで伊藤が熱く語っているので、チェックしてみてください。

写真

みなさんならどれを食べたいですか?

写真

参加者のみなさんに、お気に入りマークを挙げて投票してもらった結果は……

写真

「ごちそうサラダ」がダントツの1位でした! 2位は「鶏チャーシューサンド」、3位は「ピンチョス」。家飲みにもいいですよね、と杉森編集長。詳しいレシピはこちら

プレゼンの最後に、もうひとつ……と伊藤が取り出したのは「だししょうゆ」。以前からある商品ですが、近頃人気が再燃中。たまごかけごはんなどにおすすめの一本です。定番の「しぼ生」に加えて、ぜひこちらも試してみてくださいね。

写真

「じつはこれ、私が入社して初めて担当してつくった商品なんです」と、手塩にかけた「だししょうゆ」への愛情を隠しきれない伊藤。

ゆるプレゼンPart2
「うちのごはん 
ふんわり卵の
豚バラガーリック」

続いての「ゆるプレゼン」は「うちのごはん」担当の内田です。「趣味は野菜の収穫やバーベキューなど、外で飲んだり食べたりすること。そとのごはんが好きです」。ん?そとのごはん? うちのごはんだよね? まさかの自己紹介から始まりました。

写真

2021年2月に新登場した「ふんわり卵の豚バラガーリック」。名前の通り、ふんわり卵の食感とガーリックのコクでご飯が進む1品。みなさん、もう食べてくれましたか?と内田。

写真

初めての商品「すきやき肉豆腐」を筆頭に、今ではずらりとアイテムが揃う大ファミリーの「うちのごはん」シリーズ。

「うちのごはん」シリーズは2003年に誕生しました。「ふんわり卵の豚バラガーリック」は、2021年2月に発売された新商品です。わざわざ買い物に行かなくても家にありそうな食材だけでつくれたらいいなぁと思って開発を始めました。卵をなんとかしてふんわりさせられたらいいなぁとも。そこはこだわりましたね。あと、オイスターソースを効かせたところもミソです。ネーミングも悩みに悩んで決めたんです。みなさん、どうかよろしくお願いします!……と、内田が熱いゆるプレゼンを。

写真

まるで気ままに語っているかのような内田。まさに「ゆるプレゼンター」(笑)

途中、みなさんに「うちのごはん」シリーズのうち何アイテムくらい食べたことがあるかを聞きました。すると、10アイテム以上を実食済みの方もいて、びっくり!

写真

思わず「どれが一番おいしかったですか?」と問いかける杉森編集長と内田。

写真

「ふんわり卵の豚バラガーリックです!」との返事に「くぅ~」とガッツポーズ。杉森編集長も拍手を送ります。

写真

すると、おもむろに立ち上がり……。つい「喜びの舞」を踊ってしまう。はたして画面の向こうのみなさまに見えていたでしょうか?

参加者からは嬉しい言葉をいただいた一方、「調理してから時間が空いたら少し水っぽくなって、お弁当には持っていきにくいかも」というご意見も。鋭いご指摘に「改善できるようがんばります!」と即答の内田。貴重な意見交換の場となりました。そして最後は「ふんわり卵の豚バラガーリック」のアレンジメニューの人気投票です。

写真

こちらの3品も「ホームクッキング」で紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

写真

投票の結果は「ガーリックチャーハン」! これまた半数以上の票を集めて圧勝の1位でした。詳しいレシピはこちら

質問に答えながらの
ゆるゆるトーク

イベントの締めくくりは、質問タイム。3人揃ってみなさんからの問いに答えていきました。

写真

Q:「しぼりたて生しょうゆが、最後まで使いきれていないような感じがしちゃうんですが、何か方法はありますか?」

伊藤「気になるようでしたらキャップを丸ごと取り外すと、全部出きります。というよりも、容器のさらなる改良がんばります!」

写真

「しぼ生」のキャップの取り方を伝える伊藤。

Q:「ビールに一番合う、うちのごはんはなんですか?」

内田「個人的には、キャベツのガリバタ炒めです。冷凍ポテトの上にかけて、レンジやオーブンで加熱するアレンジがとってもおいしいですよ!」

Q:「おうちでもやはりキッコーマン商品がメインですか?」

内田「商品開発をしていると他社さんの商品も気になるので、いろいろ使います」
杉森「居酒屋などに行くと、ついテーブルのしょうゆをチェックしてしまいますね」

写真

「天ぷらは塩で食べない人が多い!?」など「キッコーマンあるある」のゆるトークも盛り上がりました。

写真

トークと同時にチャットで質問などが行き交うのも、オンラインイベントのおもしろいところ。みなさん、たくさんのやりとりやコメントをありがとうござました!

写真

参加者のみなさんとお話しできて、思いを新たにするキッコーマンの面々。

杉森「予想外のこともあったけれど、無事に終わって良かった!!」
伊藤「遠方の方とも話せるのはオンラインイベントならでは。ご意見もありがたかったです」
内田「楽しかった!こういうの好きです。実際に商品を使っている方とリアルに話す機会は少ないので、またぜひやりたいですね」
鈴木「イベント前にふんわり卵の豚バラガーリックを作ってSNSに上げてくださった方もいたんです。嬉しいですよね。キッコーマンごはん部をこれからもよろしくお願いします!」

手づくり感&手探り感あふれるイベントでしたが、あたたかく見守っていただき、終始なごやかに進んだひとときとなりました。今後もオンラインイベントを開催していきたいと思っていますので、この記事を読んでくれているみなさんも、ぜひご参加ください。画面越しにお会いできることを楽しみにしております!
「キッコーマンごはん部」にご興味のあるかた、ぜひごいっしょに!

ホームクッキング編集担当ライターより

リハーサルでは言葉少なだった伊藤&内田でした。が、これまで数々のプレゼンを経験してきた2人。さすが、本番に強い! 自然体でわかりやすい、まさに「ゆるプレゼン」はお見事。思わず声をあげて笑ってしまった場面もありました。みなさんにも聞こえてしまったでしょうか。画面の向こうでは、かわいい猫が横切ったり、お子さんと一緒に参加してくれたり、背景画像を「しぼ生」と「うちのごはん」にしてくれる方がいたり!オンラインのおもしろさを感じることができました。ありがとうございました!
いつでも新鮮 しぼりたて生しょうゆについてはこちら
うちのごはんについてはこちら

写真

撮影/さくらい しょうこ 
文/峯田亜季
※商品情報は本記事公開時点のものです。公開後にリニューアル、販売終了等になることがありますので詳しくは当社サイトの商品情報をご確認ください。

人気コンテンツ