Today's Menu

開発担当が語ります!
「ゆるプレゼンvol.3」
~「濃いだし 本つゆ」
「旨み広がる 香り白だし」編~

2021.10.18

今年の春にスタートした「ホームクッキングmeeting ゆるプレゼン」も、着々と回を重ねて第3弾! 今回もキッコーマン各商品の開発担当者たちが、全国のみなさんとオンラインでつながり、秘話満載のカジュアルなプレゼンテーションを繰り広げました。2021年8月19日開催のイベントの様子をリポートします!

毎度おなじみ、
こちら東京・虎ノ門、
キッコーマン東京本社の
会議室!

始まりました「ホームクッキングmeeting ゆるプレゼン」。今回も東京・虎ノ門にあるキッコーマン東京本社会議室から、手づくり感いっぱいでお届けします。

写真

廊下を行き来する社員たちへの「お静かにお願いします」の貼り紙は必需品。

写真

「濃いだし 本つゆ」&「旨みひろがる 香り白だし」たちもピシッと位置につきました。

写真

進行役は今回も黄色いエプロンをつけた、ホームクッキング編集長・杉森。キッコーマンの公式SNS担当に、本日のゆるプレゼンターの2人もご挨拶。

まずは、ちゃんと声が聞こえるか、お互いに映像が見えるかのテストを兼ねた、ファーストクエスチョンから。「冷蔵庫にキッコーマンの商品が入っている!というかた、○を挙げてください」!

写真

全員が○を挙げてくれました! ありがとうございます。みなさま、本日はよろしくお願いします!

「ゆるプレゼン」その1 
濃いだし 本つゆ & 
旨みひろがる 香り白だし

さて「ゆるプレゼン」最初の商品は「濃いだし 本つゆ」です。文字通り、濃縮4倍の「濃い」だしが特長の濃縮つゆは、だし原料国産100%でつくるこだわりの1本です。暑い季節にはめんつゆとして大活躍しますね。プレゼンターは、つゆ・和風調味料を担当して6年の木村です。

写真

緊張感みなぎる会議を終えて大急ぎで駆けつけた木村。「牛が人の7倍以上の数暮らしている北海道別海町出身です!」

「突然ですが、本つゆの『本』ってなんのことだと思いますか?」と3択クイズからスタートです。

写真

「2の『ほんわか』を選ぶかたは、さすがにいないかな?」と杉森が思わずツッコミます。

写真

しかし、みなさんのボードを見ていくと「1、2、3ぜんぶ」と答えてくれたかたが! その回答に、私たちがほんわかした気持ちになりました。ちなみに正解は「3」。

ではいったい、どんなふうに本格的で本格派なのか? 気になるところですよね。イベントでは木村がこのあと、熱心に大解説! リポートでは詳細資料を公開できないため、ポイントをダイジェストでご紹介します。

「濃いだし 本つゆ」の本格ポイント

  • だし原料:こだわりの「国産100%」!
  • 香り:旨みと香りの両方を引き出す、独自の「だし香り抽出製法」!
  • 味わい:コク深くまろやかな味わいの秘密は、独自技術の「熟成かえし製法」!
写真

極秘資料をもとに熱く語る木村。商品開発の核心に迫る裏話を聞けるのも「ゆるプレゼン」の醍醐味。

写真

「パッケージを見てください!」とググッとカメラに手を伸ばす木村。じつはパッケージは情報の宝庫なんです。

写真

なかでも、ラベルの裏側にご注目!皆さんはよくご覧になりますか?

「じつは『原材料名』というところには、その材料が工場に搬入された状態を記載しなければいけません。そう、キッコーマンでは『削り節』を仕入れるのではなく『節』の状態で仕入れていて、工場内で削るんです。削りたてのかつおぶしで取るだしは、香りがちがうんです!」と力説。

写真

これには、みなさんも「なるほど~!!」と大きくうなずいていました。

勢いにのり、木村のプレゼンは2つ目の商品「旨みひろがる 香り白だし」へ。淡い色、かつお節の豊かなだしの香りとうま味とまろやかな塩味が特長。これ1本でだし味が決まる、人気上昇中の商品です。

写真

「ぼくらは『香り白』って呼んでいます」

ということで、またまたダイジェストでその魅力をご紹介しましょう。

「旨みひろがる香り白だし」のポイント

  • だし原料:こだわりの「国産100%」!
  • 香り・味わい:香りと旨みを抽出しきる、独自の「だし二段抽出製法」!
  • 色:通常のうすくちよりもさらに色の淡いしょうゆを採用!
写真

「注ぐ量を調整しやすい『くびれプッシュボトル』を採用し、使い勝手にもこだわっています」とこだわりと魅力をアピール。

最後は、恒例のレシピ大投票です。テーマは鍋。「濃いだし 本つゆ」で作る「本つゆ寄せ鍋」VS「香り白」で作る「焦がし豚バラのねぎ塩鍋」。さあ、あなたならどっちを選ぶ?

写真
写真

結果は僅差で「香り白」を使った「豚バラのねぎ塩鍋」に軍配が! 「いやぁ、寄せ鍋がこんなに票を集めるとは思わなかったです」と驚き顔の木村でした。

「ゆるプレゼン」その2 
特別編:メニュー開発の
舞台裏!

続いての「ゆるプレゼン」は特別編! 商品の開発ではなく、キッコーマンオリジナルメニューの開発をしている中野が登場。キッコーマン商品の良さを引き出すメニューを作り、提案・発信するのがキッコーマン食品プロダクト・マネジャー室メニュー開発グループの仕事です。

写真

中野の仕事場は、東京本社にあるテストキッチン。いつもコックコート姿です。「綿の長袖、詰め襟はヤケド防止のためでもあるんですよ」。

まずは、メニュー開発という仕事について、1日のタイムスケジュールを追いながら紹介。「先ほどのプレゼンター木村のような商品開発担当者はもちろん、杉森らホームクッキングのメンバー、販売促進などを考えるプロモーション部門の人たちとも、よく打ち合わせや試食会をします。試食はランチタイム前後に設定。せっかく食べるなら美味しく食べてほしいですからね」と中野。

写真

メニュー開発っておいしいレシピを開発すれば良いだけではなく、社内の関係課所との調整も大切なんですね

そんなキッコーマン商品を知り尽くす中野が、「濃いだし 本つゆ」を使ったおすすめの春夏秋冬メニューをご紹介します!

写真

そうめんチャンプルー
「濃いだし 本つゆは、じつは炒め物に向いています! 濃縮4倍だから水っぽくならずに仕上がるんですよ」

写真

ピリ辛キムチトマトつゆ
「本つゆ×リコピンリッチ トマト飲料×キムチの組み合わせは、ぜひ一度試してほしいおいしさです!」

写真

サバ缶と大根のおかず炊き込み
「缶詰を使った具だくさんの炊き込みごはんは、とっても手軽で大満足。私たちは『おかず炊き込み』と呼んでいます。だし、しょうゆ、みりんのバランス抜群の本つゆなら、それだけで味がキマリます」

写真

豚バラ白菜の即ウマおかず鍋
「野菜の水分だけで蒸す『おかず鍋』です。ご飯によく合いますよ! 本つゆはだしが濃いから、寄せ鍋のように薄めて使っても味のバランスが崩れません。」

メニュープレゼンの後は、中野がみなさんに聞いてみたいことをじゃんじゃん質問していきます。

写真

「みなさんに、聞いてみたいことがいろいろあるんです!」

中野の質問その1
Q:いつも使っているめんつゆを教えてください! 
どうしてそれを選んでいるんですか?

写真

みなさん、回答を一斉にフリップでドン! 

みなさんの回答

●麺つゆは、コスパがいいから「濃いだし 本つゆ」。白だしは、決まったメーカー。冒険して別のものを試そうと思うことはあまりないです。
●その時に特売になっているのを買ってしまいます。
●北海道在住なので麺つゆは「めんみ」です!(編集担当注:「めんみ」は北海道で販売しているキッコーマンのめんつゆです)
●正直、各メーカーの違いってよくわからなくて……。実家で使っていたものを、使い続けています。でも、買うときに原材料は見ます。

中野の質問その2
Q:めんつゆや白だしって麺メニュー以外で何かに使っていますか?

みなさんの回答

●ミートソースに「本つゆ」をちょっと入れます。以前、保育園でごはんを作る仕事をしていたときに覚えたレシピです。
●キュウリを叩いてジッパー袋に入れて「白だし」を加えてモミモミ。
●パスタの味付けに「白だし」使います。

写真

「おぉ!さすが」「なるほど~」と唸る2人。

中野の質問その3
Q:めんつゆが、もっとこうだったらいいのに!って思うことありませんか?

みなさんの回答

●常温保存できたら嬉しい!
●小さな使いきりサイズがほしい。キャンプに持って行けたり、お弁当に入れられたりするような。
●甘口タイプもあるといいな。

写真

麺つゆ担当木村も思わず画面にかぶりつき!

写真

「もっとゆっくりお1人ずつのお話を聞きたいのですが……残念」。時間いっぱいまで、問答が続きました。

ぜひ次回は
みなさんもご参加ください♪

イベントの締めくくりは、質問タイム。先ほどとは逆に、木村や中野がみなさんからの質問に答えていきました。

写真

商品化の道のりを聞かれた木村は「白だしの開発はじつは大苦戦……。100回以上は試作調整しましたね」と苦労話をポロリ。

写真

和食向けが多いキッコーマン商品の洋食への使い方を聞かれ、杉森が「本みりんや本つゆをカレーに、白だしをカルボナーラに」と活用術を披露。

写真

ホームクッキング掲載のレシピで社員がリピートしているものは?の問いには、中野がすかさず「無敵漬けです!これは本当に便利!!」と太鼓判。杉森も「最近のアクセス数ダントツの人気レシピです」。
「無敵漬けレシピ」はこちら

写真

最後はみんなで記念撮影をして、イベントは終了。途中、映像トラブルにも見舞われましたが無事に終わって、登壇者たちもホッ!

今回もあっという間に過ぎていった90分の「ホームクッキングmeeting ゆるプレゼン」でした。
木村「本つゆと白だしの両方は冷蔵庫に置く場所がない、という意見もありましたが、両方を使ってもらえるように頑張ります!」
中野「もっともっとみなさんのご意見を聞きたかった! ぜひ、またお話聞かせてください」
杉森「途中で映像が止まって音声だけのラジオ状態になり、焦りました(汗)でもラジオもいいかも。」
鈴木「『ゆるプレゼン』は毎回取り上げる商品が変わります。参加してみたいというかたは『キッコーマンごはん部』からぜひエントリーを。お待ちしています!」
「キッコーマンごはん部」はこちら
「ゆるプレゼン vol.1」はこちら
「ゆるプレゼン vol.2」はこちら

ホームクッキング編集担当ライターより

今回はメニュー開発担当者が初登壇! いかがでしたか? 商品開発の後には、それをどうおいしく食べてもらうかを提案するメニュー開発があるんですね。今回、個人的に一番印象に残ったのは「ラベルの裏の原材料名」について。こうして教えてもらわなければ、ここまではわかりませんでした。毎日のおいしい食卓のために、賢くなって損はナシ!ですね。これからもちょっとニッチでディープな情報をお届けしていきます! お楽しみに。
「濃いだし 本つゆ」についてはこちら
「旨みひろがる 香りだし」についてはこちら

写真

撮影/さくらい しょうこ 
文/峯田亜季
※商品情報は本記事公開時点のものです。公開後にリニューアル、販売終了等になることがありますので詳しくは当社サイトの商品情報をご確認ください。