Today's Menu

味比べ&オムライスづくりで
「ゆるプレゼン vol.5」!
~「デルモンテ
ケチャップ」編~

2022.05.20

キッコーマンの社員が愛する担当商品の魅力を「ゆるプレゼン」する、人気のオンラインイベントシリーズ第5弾! 今回は、社内でもファンが多い「デルモンテ リコピンリッチ トマトケチャップ」を筆頭に、3種類のケチャップたちが登場。味比べを交えたプレゼン、簡単オムライスの調理&試食など、盛りだくさんのイベントの様子をリポートします。

3種類のケチャップを
味比べ!

2022年3月9日、14時。キッコーマンの東京本社会議室と10名の参加者のみなさんがオンラインでつながり幕を開けた「ホームクッキングmeeting ゆるプレゼン」。今回は、デルモンテのケチャップにスポットを当てます。

写真

3種類のケチャップたち。今日の主役は中央の「デルモンテ リコピンリッチ トマトケチャップ」です。

写真

本日のゆるプレゼンターはキッコーマン食品の辻と中山。ケチャップの赤が映えるようにダークスーツを着用!?

写真

司会進行役は黄色いエプロンでおなじみ、ホームクッキング編集長・杉森。公式SNSの中の人・石阪もご挨拶してイベント開幕です。

初めましてのご挨拶代わりに、まずはおひとりずつ「好きなケチャップを使った料理」を教えてもらいました。

写真

定番の「オムライス」「ナポリタン」をはじめ、「酢豚」や「鶏肉のケチャップ炒め」という方も。「酢飯にケチャップを混ぜて飾り巻き寿司に」というケチャップ使い上級者の方もいました!

続いては、みなさんのご自宅にお届けした3種類のケチャップの味比べです。「デルモンテ トマトケチャップ」→「デルモンテ ケチャップ 食塩無添加」→「デルモンテ リコピンリッチ トマトケチャップ」の順に、テイスティングしてもらいます。

写真

味の違いはどうですか? 「デルモンテ ケチャップ 食塩無添加」は全員が未体験とのこと。

~みなさんの感想~
●はじめてケチャップを食べ比べたけれど、3種類それぞれに味が違う!
●「リコピンリッチ」は格別なおいしさ♪ ポテトフライにたっぷりつけて食べたいです。
●トマトが濃い「リコピンリッチ」はこのままトマトソースとして使えそう。
●「食塩無添加」はうま味があってチキンライスのあの味わいが濃くなったような印象です。

写真

味比べの結果、一番人気は「リコピンリッチ」。「食塩無添加」も評判になりました!

「デルモンテ」
「ケチャップ」
キーワードの解説ぞくぞく!

3種類の味の違いを感じてもらったところで「ゆるプレゼン」に突入です。そもそも、デルモンテというブランドとは? そして、じつは食塩無添加の商品だけが「トマトケチャップ」ではなく「ケチャップ」と名付けられている理由とは? ゆるプレゼンで明らかになります。

写真

辻「ところで、デルモンテってどこの国のブランドだと思いますか?」

写真

アメリカ、イタリア、ドイツ……みなさんの答えが割れました。正解は「アメリカ」なんです。

写真

日本ではJAS法により「トマトケチャップ」の原材料が決められていて塩も含みます。そのため食塩無添加のケチャップは「トマトケチャップ」ではなく「ケチャップ」となるのです。「原材料が限られているところがトマトケチャップの開発の難しさ。差別化しづらいカテゴリーなんです」と辻がゆる詳しく(?)解説。

そんな開発が難しいトマトケチャップ界において、今、絶好調なのが「リコピンンリッチ トマトケチャップ」。2014年のパッケージリニューアルを機に、なんと5年間で4.8倍の売り上げ増だそう! トマトをぜいたくに約23個分(※485g1本で)も使い、独自のビネガーで仕上げている自慢の商品です。

写真

「リコピンリッチは、もともととってもいい商品なのに、じつは発売当初は苦戦したんです」と語る2人。パッケージを変え、テレビCMなどを通じて粘り強くその魅力を伝えたことが大成功につながりました!

レンチンでふわふわ!
マグカップオムライスを
つくります

「調理&試食タイム」では、ボウルとマグカップだけでつくれる、簡単オムライスづくりに挑戦。レンジでチンするだけなのに、ふんわり仕上がるレシピです! みんなでつくり方を確認した後、それぞれご自宅で調理してもらいました。
レンジで簡単!マグカップオムライス

写真

本社のテストキッチンでも同時に調理。あっという間にできあがりました! これ、朝ごはんにおすすめ。

写真

完成した料理を持ち寄って、みんなでおいしい試食タイム。オムライスの上にケチャップで可愛い絵を描いてくれた方も♪

~みなさんの感想~
●火を使わずレンジだけでつくれるので子どもでもつくれそう!
●テレワークのランチにいいかも
●ツナ缶をサバ缶に替えてもおいしそうです
●リコピンリッチの酸味がいい! おいしくできました!

ざっくばらんな、
ゆるディスカッション♪

最後は、みんなでケチャップ談義&メニュー大投票を楽しみました。イベント終了後にも続いた質疑応答の内容もここでご紹介!

辻&中山からの質問
Q あなたにとってケチャップとは?

みなさんの回答

●楽しい味
●子どもが喜ぶ、魔法の調味料
●おうち洋食
●味変(あじへん)の神!
●母の味

写真

今回も名コピーが続出! 皆さま、ありがとうございます!!

参加者さんからの質問その1
Q ケチャップには添加物が入っているんですか?

辻:ケチャップは添加物は入っておらず、ほぼトマトでできています! トマトケチャップってじつはすごくピュアなんです。

参加者さんからの質問その2
Q リコピンリッチだけキャップの色が違うのはどうして?

辻:他とは違う特別感を感じてほしくて、定番の白から変えました!

恒例のメニュー大投票!
Q つくってみたいケチャップメニューはどれ?

みなさんの回答

1位:ハンバーグ
2位:ポークチャップ
3位:韓国ヤンニョム風
4位:鶏肉ケチャップ炒め

写真

1番人気だったのは「トマト煮込み豆腐ハンバーグ」でした。皆さんも、ぜひつくってみてくださいね。
トマト煮込み豆腐ハンバーグ

おいしいものの話は尽きないもので、約90分の「オンラインmeetingゆるプレゼン」もあっという間にお開きの時間に。たくさんのやりとりや質問を、ありがとうございました!

写真

最後は画面越しに手を振り合って、さようなら! 3種類のケチャップで、いろんなお料理をつくってみてくださいね!

辻「みなさんの声を直接聞くことができた、とっても貴重な機会でした。トマトケチャップ=子ども、というようなイメージが強いですが、リコピンリッチは今日のように大人のかたにもっと味わってほしいですね。添加物やジャンクなイメージもなくしていきたいです」
中山「『楽しい味』というフレーズを書いてくれた方がいましたが、これからも楽しい調味料をつくっていきたいと思いました!」

『ゆるプレゼン』に参加してみたいというかたは『キッコーマンごはん部』をチェックしてください。ご参加お待ちしております!
「キッコーマンごはん部」はこちら
「ゆるプレゼン vol.1」はこちら
「ゆるプレゼン vol.2」はこちら
「ゆるプレゼン vol.3」はこちら
「ゆるプレゼン vol.4」はこちら

ホームクッキング編集担当ライターより

料理家の先生たちの間でも愛好者が多い「リコピンリッチ」。未体験の方は、ぜひ一度そのままペロリと味わってみてください。まるでひと手間かけたトマトソースのような味わいに、ケチャップの概念が変わるはず! 23個分ものトマトが入っていて、中身はほぼトマトとは驚きです。野菜不足も補えそうです。
「デルモンテ リコピンリッチシリーズ」についてはこちら

写真

撮影/さくらい しょうこ 
文/峯田亜季
※商品情報は本記事公開時点のものです。公開後にリニューアル、販売終了等になることがありますので詳しくは当社サイトの商品情報をご確認ください。